DHS ダイナミックドメイン登録方法

*

DHS ダイナミックドメイン登録方法

公開日: : 最終更新日:2014/07/19 DDNSサービスと登録説明

プラネックスブロードバンド内蔵DDNS機能対応DHSにてダイナミックドメインを登録する手順の説明です。プラネックスルータ以外の方はWAN側IPアドレス変動対策にはDiCEを使う必要があります。

DHS無料DDNS登録手順

DHSのトップページの左側項目に有るSignupを開いてまず仮登録申請を行います。

Signupのページを開くと、三つの項目を入力します。

  1. Userid: ログイン用IDを入れます
  2. Name: (not nickname) 利用者のお名前を英文字で入力
  3. Email Address: 連絡先メールアドレス

上記三つの項目を入力したらSignupボタンをクリック

利用規約画面が表示されます、英語ですが一応目を通して下さい。Agger to terms of Service(利用規約に同意)のボタンをクリック

上記利用規約同意のボタンをクリックしてももしも以下のエラーになる用でしたらユーザーID名重複の可能性があるので変更してみて下さい。

問題なく仮登録申請出来たら次の画面(Account created.)に切り替わります。登録したメールアドレスの受信メールを確認します。

件名Your accountのメールを開きます。

コード入力ページが開いたら上のログインIDとコードを打ち込んで下さい。コードのハイフンもそのまま入れてください。

Activateボタンをクリック

次にログイン用パスワードを設定する画面に切り替わります。このパスワードがDiCEやプラネックスブロードバンドルータのDDNSに必要なパスワードになります。

パスワード文字数は3-8文字で決めます。入力出来たらSetボタンをクリック

以下の画面に切り替わったらパスワード登録完了になります。後はログインしてダイナミックドメインを取得します。

ログインしてDHSのダイナミックドメインを取得します。Loginをクリックして登録されたUserIDと設定したPasswordでログインします。

ログイン出来たらhostをクリックします。

右上にAddボタンがあるのでクリックします。

Hostname Type:右側を変更します。静的ホストが最初選択されているのでダイナミックホスト(Dynamic
Host)に変更しNext

次にドメインを選択とサブドメイン、設定する自ホストのIPアドレス情報を設定する項目が表示されます。

利用できるドメイン名は二種類

  • dyn.dhs.org
  • 2y.net

ここではdyn.dhs.orgを用いて説明します。

  1. Dynamicはdyn.dhs.orgデフォルト
  2. Hostnameは任意の英数。例123456と指定すると、ダイナミックドメインURLは123456.dyn.dhs.orgとなります。
  3. IPはDiCEかプラネックスルータから更新させるので0.0.0.0と入力下さい。

設定出来たらADDをクリックで作業完了です。

DHSのダイナミックドメインをDiCEへ設定

DiCEに設定する場合イベントから追加を選んで次の様に設定します。

  1. サービス:DHSを選択
  2. ホスト名はこちらの2番で登録したHostnameです。
  3. ドメイン名は同じくHostnameの設定する項目の1番の内容を選択
  4. ユーザー名は一番最初に登録したユーザーID
  5. パスワード:メール受信後に自分で設定したパスワード

入力出来たら保存をクリック。

設定出来たら今すぐ実行を試して、以下のグリーンのチェックになるかをお試し下さい。グリーンのチェックがあれば自動更新可能の状態になります。

DHSのダイナミックドメインをプラネックスルータへ設定

192.168.1.1をブラウザのアドレス欄に入力しEnter

ユーザー名はadmin

パスワードはpassword

上記の情報を入力してログイン

一般からWANを開き、DDNSを開きます。

以下の項目に設定します。

  1. ダイナミックDNSは有効にチェック
  2. ドメイン名はダイナミックドメインURLをそのまま入力

    例:123456.dyn.dhs.org

  3. アカウント設定はログインID
  4. パスワードは自分で設定したパスワード

入力出来たら適用をクリックすれば設定完了になります。

備考、IPアドレス変動時に更新しに行くのですが、CATVやYBBの様に変動がない場合未更新時期が長期続く可能性があります。無料のダイナミックドメインは長期間サービス利用ない場合登録抹消となる可能性があるので時々手動でDHSを更新してください。

説明は以上です

関連記事

DVRのDDNS更新テスト

KGUARD防犯と監視カメラ用DDNS設定方法の説明

KGUARD製品を購入すると無料で利用できるDDNSサービスの登録方法とDVRへの設定手順の説明です

記事を読む

no image

cybergate ダイナミックドメイン登録方法

cybergateにてダイナミックドメインを登録する手順の説明と、取得したダイナミックドメイン(UR

記事を読む

no image

IOデータ ダイナミックDNSの登録と設定手順

IOデータ製品のルータやネットワークカメラに設定できる専用ダイナミックドメイン(DDNS)iobbの

記事を読む

no image

dynDNS.it ダイナミックドメイン登録方法

dynDNS.itでダイナミックドメインを登録する手順の説明です。海外のサービスですが比較的簡単に登

記事を読む

no image

NO-IP ダイナミックドメイン登録方法

NO-IPにてダイナミックドメインを登録する手順の説明です。登録サービス情報更新メニューは英語になり

記事を読む

no image

DynDNSdk ダイナミックドメイン登録方法

DynDNSdkでダイナミックドメインを登録する手順の説明です。海外のサービスですが比較的簡単に登録

記事を読む

no image

NEC WARPSTAR 登録不要ダイナミックドメインの設定 ホームIPロケーション

NEC製品のWARPSTARシリーズで利用可能なダイナミックドメインサービス、ホームロケーションIP

記事を読む

no image

miniDNS ダイナミックドメイン登録方法

miniDNSにてダイナミックドメインを登録する手順の説明です。一部英語表記ですが登録は日本語項目で

記事を読む

no image

ロジテック 無料DDNSクリアネットの登録と設定

ロジテック製品を購入すると使える無料(2017年まで無料利用可能の予定)のダイナミックドメインサービ

記事を読む

no image

Dynup ダイナミックドメイン登録方法

Dynupでダイナミックドメインを登録する手順の説明です。海外のサービスですが比較的簡単に登録が出来

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



no image
ダイナミックドメイン説明

サーバやネットワークカメラ、NAS等のファイルサーバや、チャットサーバ

DVRのDDNS更新テスト
KGUARD防犯と監視カメラ用DDNS設定方法の説明

KGUARD製品を購入すると無料で利用できるDDNSサービスの登録方法

no image
DiCEの使い方と設定手順

ダイナミックドメインのIPアドレスを変動時に自動更新してくれるDiCE

no image
NEC WARPSTAR 登録不要ダイナミックドメインの設定 ホームIPロケーション

NEC製品のWARPSTARシリーズで利用可能なダイナミックドメインサ

no image
NO-IP ダイナミックドメイン登録方法

NO-IPにてダイナミックドメインを登録する手順の説明です。登録サービ

→もっと見る

PAGE TOP ↑