プラネックス ルータ BRL 04FW ポート開放設定

BRL04FWと言うルータ機能のポート開放設定の説明です。

ポート開放設定に必要なもの

  • 設定前に必ず左メニューよりパソコンのIP確認方法を参照下さい。
  • 開放するポート番号の確認、サービス提供サイト様でご確認下さい。

※DMZ設定とは仮想グローバルIPを指定したパソコンに割り当て、ポート全開設定する事が出来ます。

BRL04FW参照マニュアルはこちら

まずルータ設定画面にアクセスをします。

InternetExplorerアドレスにADSLモデムアドレスを入力してクイック設定WEB画面を開いてください。

アドレス「http://192.168.1.1

※上記をクリックするとログイン画面が表示されると思います。

ユーザー名&パスワード入力画面が表示されます。

ユーザー名「 admin 」

パスワード「 password 」

※もし万が一設定変更したパスワードを忘れた場合、ルータを初期化(リセットもしくは工場出荷時の設定)の上、再度接続設定を行う必要があります。

ポートを開放するには、左メニューの【詳細設定】を選択し【ローカルサーバ】を選択します

スポンサーリンク

設定手順

■【プロトコル】開放するプロトコル種別を選択。サーバ関係は概ねTCP ゲーム関係は概ねUDPになります。

■ポート番号 例:5000 開放するポート番号を入力します。

■ローカルIPアドレス(パソコンのIPアドレス) 例:192.168.1.2 (※ドットは入力しません数字のみ入力します。)

※パソコンのIP番号確認はメニュー左上にあります。

■内部ポート番号 上記「ポート番号」項目で指定したポート番号を入力 例:5000

——————

入力が完了できましたら【適用】をクリック

設定が出来ましたら、必ず以下の作業を行い設定を反映させてください。

<どうしても上手く行かない場合 ポート全開のDMZ設定を試してみて下さい>

但し、マニュアル内にはDMZ設定サンプルが無い為、プラネクスさんへお問い合わせ下さい。

もしくは製品を所有していない為、確認出来ないのですが、【ファイヤーウォール設定】から【WAN→LAN】への設定を変更すれば上手く開放出来る可能性があります。※初期値はインターネットからのリクエストを全て拒否設定とある為。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする