スポンサーリンク

ANHTTPD WEBサーバソフト

ネットワーク設定

ANHTTPD WEBサーバー

ANHTTPDはWindowsで動作するWEBサーバソフトです

国産WEBサーバソフトです。 全てのWindowsで簡単にWEBサーバを開始する事が出来る。インストール不要
CGIやSSIも動作させる事が可能ですがWindowsにはPerlが実装されていませんので別途Perlをセットアップする必要がある。
補足、製作者様サイトは2015年以降閉鎖されたご様子ですANHTTPD公式サイト
ダウンロードリンクを掲載していますのでこちらの説明を参考にサーバーアーカイブを取得ください。
kagemaruが運営している自宅サーバよりダウンロード可能で「http://ratan.dyndns.info/httpd.zip」
ANHTTPD特徴は全てのWindowsで動作します。安定面では一時間1000アクセス/各ページSSI設置でもトラブルを発生させません。apacheよりも設定が簡単でCGIも自由に使えます。
SSIに付きましては、オプションにてhtml指定可能でshtml拡張子でなくともSSIを実装させることが可能。
perlに付きましてはWindowsには未搭載なので別途取得必要。
Windwos用のPerlダウンロードはこちらから可能です。
外部公開ファイルのディレクトリ等、見やすいGUI画面で設定でき、初心者でも簡単にWEBサーバを運用させる事が可能です。
また外部公開したくない場合は、こちらのハマチで仮想ネットワーク上にも公開する事が出来ます。ハマチ仮想サーバ上で公開する場合はルータへポート開放する必要はありません。
ANHTTPDの設定GUIサンプル図
ドキュメントルートのパス名がWEBサーバ公開ファイルを設置するディレクトリ(フォルダ)となり、任意のフォルダを指定する事が可能です。
ドキュメントルート指定パス内に、公開したいhtmlファイルやその他データを設置する事でインターネット上に公開させる事が可能となります。
ポート番号(デフォルト80)はhttpプロトコル標準のポートが設定されています。任意のポート番号に変更可能。
SSIを許可はデフォルトで、ファイル名index.htmlと任意のファイルで拡張子はshtmlが許可されています。任意のhtmlでもSSIを実行したい場合は、*.htmlにチェックを入れることで実行させる事が出来ます。

説明は以上です。
サーバ一覧

コメント

  1. null より:

    ANHTTPDのダウンロードリンクはどこですか?

タイトルとURLをコピーしました