スポンサーリンク

Wireless-N Wi-Fi Repeater 特徴と設定説明

無線LAN(Wi-Fi)設定

Wireless-N Wi-Fi Repeater シリーズの特徴

Wireless-N Wi-Fi Repeaterを言う無線LAN機器を入手したので特徴と設定方法を解説させていただきます。
まずWireless-N Wi-Fi Repeaterシリーズはルーターではありません。したがってこの製品だけではネットワーク構築はできず必ずルーターが必要になります。
またリピーターと言うネーミングの通りWi-Fi中継機としても運用が可能で、その他無線LANアクセスポイントとしても利用する事ができるのが特徴。
Wi-Fiの性能はIEEE802.11b/g/n 2.4GHz帯のみサポート 最大速度は300Mbps面白いのが10BASE-T/100BASE-TX規格のLANポートを持ちコンバーターとしては使えないのだがルーターに繋いでアクセスポイントとしても使える
尚、注意点としてはWi-Fiのパスワード(暗号キー)が初期値未設定なので不正利用されないように利用する時は必ず暗号キーを設定して運用しなければならない(APモードの場合)。またIPアドレスがAtermと競合する192.168.10.1が設定されているのでAtermのあるネットワーク環境で導入するのは気をつけたほうが良いです。
Wireless-N Wi-Fi Repeater

設定画面の開き方

Wireless-N Wi-Fi Repeaterの設定画面を開くには、まず有線または無線LANで「Wireless-N Wi-Fi Repeater」に繋ぐ必要があります(インターネットにはつながらない)。
または何処かのルーターに繋いで、パソコンまたはその他端末のIPアドレスを以下の様に固定する
「IPアドレス 192.168.10.30 / サブネットマスク 255.255.255.0」他空欄で良い。
準備ができたら「http://192.168.10.1/」をブラウザのアドレス欄に入力してEnter
UserNameとPasswordに「admin」とそれぞれ入力頂ければログインして設定画面を表示できます。
2020-wirelessn-0210-1
Wireless-N Wi-Fi Repeater 設定画面

アクセスポイント・中継機(リピーター)動作切り替え方法

アクセスポイントとして使うのか中継機として使うのかは設定画面のページ上のメニューで決定できます。
APをクリックするとアクセスポイントモード設定に進みます。Repeaterをクリックすると中継機設定に進みます。
2020-wirelessn-0210-10

AP設定説明

APモードは必ずルーターに有線LANケーブルに繋いで運用する必要があります。
2020-wirelessn-0210-11
APモード設定です、必ず暗号キーを設定してください。
設定例

  • SSID そのままでも良い。デフォルトは「Wi-Fi-Repeater」
  • チャンネル AUTO 変更する必要は無い。
  • Security Type WPA2 PSK に変更
  • Security Key(Wi-Fiパスワードです) 8文字以上64文字以内で設定。

設定ができたら「APPLY」をクリックして設定を保存。Closeボタンをクリックして設定完了です。
尚、Wireless-N Wi-Fi RepeaterにはWPSプッシュスタート機能が搭載されているのでWi-Fiパスワードを控える必要は無くWi-Fiプッシュスタート設定ができる。
2020-wirelessn-0210-3
WPSプッシュスタートボタンは本体の全面にレイアウトされている。WPSボタンを5秒長押ししてから接続したい端末のWPS設定を行うと簡単に繋がります。
2020-wirelessn-0210-12

Repeater(Wi-Fi中継機)設定説明

中継機として設定する場合、無線LAN親機のSSIDとWi-Fiパスワード情報が必要になるので控えてきてから設定してください
設定画面の「Repeater」をクリックします。
2020-wirelessn-0210-13
Wi-Fiを中継したい無線LAN親機のSSIDの右側ラジオボタンをクリックしてチェックを入れる。
2020-wirelessn-0210-5
例、latanにチェックを入れたとして説明します。
設定箇所は2箇所

  • Repeater ssidはそのままでも良い。デフォルトでは無線LAN親機SSIDの後ろに「_Ext」が付加します。
  • Security keyには無線LAN親機のWi-Fiパスワード(暗号キー)を入力します。

設定できたら「APPLY」をクリックして保存、Closeボタンをクリックすると設定完了です。
2020-wirelessn-0210-6
設定が完了したら「~_Ext」と言うWi-Fi中継用SSIDを選択して無線LAN親機のWi-Fiパスワード(暗号キー)を設定すれば繋がります。
例、latan_Extをタップして無線LAN親機latanのWi-Fiパスワードを設定すると繋がります。
2020-wirelessn-0210-135

リセットするには(初期化)

初期化するには本体のLANポート差し込みすぐ近くに「reset」と言う小さなボタンがあります。それを10秒長押しで初期化する事ができるのでお試し下さい。

尚、初期化したら再設定が必要になります。

Wireless-N リセットボタン

コメント

  1. さわ より:

    中継器につなぎたくないMACアドレスを繋げないためにはどうすればいいですか。

    • kagemaru より:

      中継機にMACアドレスフィルタリング機能はありません。中継元のWi-Fiルーターに設定頂く必要があります。

  2. さわ より:

    とても詳しそうなのでコメントさせていただきます。このルーターでアドレスフィルタリングの設定はできますか?

  3. さわ より:

    何度もすみません。
    中継源のルーターに設定しても、繋がっているのはなぜですか?
    しつこくてすみません。

    • kagemaru より:

      いえいえ、大丈夫ですよ。
      これはルーターでは無くてWi-Fi電波中継機です、なので余計な設定は付属しないのでアドレスフィルタリングはできません。
      中継元の親機につながるのは電波が届いているからだと思いますよ。環境を目視確認していませんが2.4GHz帯ならだいたい縦横10mは障害物があっても届くと思います。

  4. さわ より:

    返信ありがとうございます。
    設定がないと言うことは、親機でフィルタリング設定しても、端末が中継器で繋がってしまえば繋げたくない端末も繋がってしまうと言うことでしょうか?
    どうしようもならないのですかね…
    ルーターどころか中継器にすら繋げないようにはできないものでしょうか?

    • kagemaru より:

      親ルーターにフィルタリングすると有効になります。中継機を繋いでも何ら問題はありません。

  5. さわ より:

    何度も丁寧にありがとうございます。
    親機でフィルタリングしてみました。
    ちなみにiPhoneはmacアドレスがたくさんあるのでしょうか?
    何でも聞いてみてすみません。

タイトルとURLをコピーしました