スポンサーリンク

ADSLモデム SVⅢ 任天堂Wii/Uのポート開放

ADSLモデムSV3へ任天堂Wiiのポートを開放する設定手順の説明です。
このルータには無線LANは内蔵されません、設定前に必ず以下の事をご確認しそれぞれ該当するかを確認してから設定下さい。
1、無線LANアダプタを別途購入され有線LANケーブルで繋いる
2、無線LANアクセスポイントを中継接続している
3、USBのWI-FI無線LANアダプタをパソコンに取り付けて接続している(この場合アダプタを取り付けたパソコンのポート開放を行う必要があります)
上記のネットワーク環境に該当しない場合は、無線ルータ経由の可能性があります。二重ルータの設定は特殊な設定作業が必要になるのでこちらの説明を参照しても正しくポートを開放することは出来ません。お心当たりある場合は追加している無線機器の型番をご確認の上、ルータ設定BBSへご連絡頂けましたら改善案内をさせて頂きます。
設定手順の説明
まずIPアドレスを固定します。

固定される値は以下の通りで構いません。
IPアドレス:192.168.001.050
サブネットマスク:255.255.255.000
ゲートウェイ:192.168.001.001
DNS:192.168.001.001
一度設定頂いて、Wiiの天気予報やニュースなどが可能かを確認下さい。もしも参照出来ない場合はインターネット接続トラブルが発生している事となります。この場合、DNSアドレスを契約先プロバイダ指定のものに変更しお試し下さい。
固定作業が完了出来ましたら、パソコンからルータの設定画面を表示(こちらのページに有るパケットフィルタの解除説明も参照下さい)して作業を行います。
次にメニューのその他詳細からアドレス変換(ポート指定)設定メニューをクリックします。

アドレス変換(ポート指定)設定画面が表示されます
任意のポートは5番以降をクリックして設定します。1-3まではWEBサーバ関連専用となります。4番はDMZ専用
ADSLモデムSV3 ポート開放
個別設定の前に簡単設定の説明
個別に複数設定するよりも、一番簡単に設定できるDMZ設定の説明をご覧下さい。
DMZなら、Wiiのポートを全開にする事が出来ます。
図にあります外部からのパケットを全て特定ホストに中継(DMZ)項目にクリックしてチェックを入れ右側の項目に192.168.1.50と入力下さい。
入力出来ましたら設定ボタンをクリックし、ルータを再起動させれば作業完了です。

注意)上記の設定を行った場合は以下の設定は不要です。
個別のポート開放手順
スマブラXの設定サンプルで説明します。他のアプリケーションを設定する場合は該当するポート番号に置き換えて設定すると良いでしょう。
まずエントリ番号5をクリックします
設定方法
優先順位:まず1として下さい。追加の設定を行う場合は2・3・4と繰り上がって指定して下さい。
適用する接続際: メインセッション (設定した接続設定名)
LAN側IPアドレス:Wiiに固定したIPアドレス 192.168.1.50
ADSL側IPアドレス:自分のADSL側IPアドレスを変更してはいけません。そのままにして下さい。
プロトコル:UDPを指定
ポート番号:1-65535 UDP全部開く設定です。
入力できましたら、設定ボタンをクリックし続けてエントリ番号6をクリックして次の設定を行います。

28910を開きます。
有線順位 2
プロトコル:TCP
ポート番号は図の通りです。
他の設定は同じです。

次は29900と29901二つ連続の設定を作成の例です
冒頭ありました用に番号と番号で区切ることで範囲設定が可能となります。

最後のポート番号設定29920の設定です

以上で作業完了となります。

作業が完了しましたら設定を反映させる為、ルータをい再起動させて下さい。
ルータの再起動は左側メニューの【再起動】メニューから行うことが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました