SoftBank 006Z WAN側IPアドレスの確認

ソフトバンクのUSIMカード対応Wi-FiSoftBank 006ZでもしもWEBカメラサーバやファイルサーバを動作しアクセスしてくる際に必要なWAN側IPアドレス確認手順になるのですが、どうもポート開放できない方が多くありますので一応プライベートIPアドレスとなってないかのご確認の説明も兼ねていますのでご了承願います。

設定画面を表示する

SoftBank 006Z ポート開放説明を参照しルータの設定画面を表示します。設定画面が開いたらホームメニューを開き3Gネットワーク情報にあるIPアドレスがWAN側IPアドレスになります。

WAN側IPアドレスがパス名になるので、クライアント側から上記のアドレスを指定することでファイルアクセスやカメラアクセスをさせてくることが可能です。IPアドレスは動的なので静的としたい場合はDDNSを併用すれば静的アクセスさせてくることが可能です。

スポンサーリンク

もしもWAN側のIPアドレスが10番や172もしくは無いと思うのですが192から開始されているIPアドレスであればプライベートIPアドレスとなります。以下はサンプルです

  • 10.10.10.10
  • 172.16.0.10
  • 192.168.1.10

または対応はしていなかったはずなのですがIPv6割り当て開始は2001やfe80::などから始まる値、IPv6アドレス一覧(JPNIC)だと6to4通信となるのでポート開放と言うよりもアプリケーションが対応できていないことになりますので双方向通信は不可能になります。もしもこうした情報があればサイトに掲載させて欲しいのでご連絡いただければ嬉しいです。

連絡先master@akakagemaru.infoまで

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする