バッファロー WEPキー

バッファロー全般、そのままのWEPキーを使う場合

AOSS動作している状態でも、予めルータ内で用意されているWEPキーでも無線を確立する事ができました。連絡の方遅れて申し訳ありません。

それからバッファローをブリッジモードで動作させている方は、バッファロールータ 設定画面表示できないを参照して下さい。

WEPキー確認手順の説明

バッファロールータへアクセスし設定画面を表示します

http://192.168.11.1/ 又はhttp://192.168.11.100/ をInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnter

ログイン画面が表示されるので、ユーザー名にrootとのみ入力してOKを選択することで設定画面を表示する事が出来ます。

ログイン画面サンプル

設定画面が表示されましたら、無線設定からAOSSメニューを開きます

すると下の方に予め暗号化方式別にWEPキーが設定されているので、次のWEPキーを用いることでバッファロー無線に繋ぐことができます。

暗号化別WEPキーの見方

上図にあるこれがWEPキーですの所に、4種類暗号化レベル別に表示があります。この暗号化別にそれぞれSSID番号が割り当てられているので、使いたい暗号化レベルのWEPキーを一つ使うことが可能ということになります。

スポンサーリンク

  • WPA-PSK-AES
  • WPA-PSK-TKIP
  • WEP128
  • WEP64

一番簡単なのはWEP64(64bit暗号化方式)が一番接続しやすいので、64bit暗号化方式の項目で説明します。

まずご自身のバッファロールータの以下のSSID番号を控える又は先頭番号を記憶しておきます。

その下に暗号化キーが4つ程ありますが、どの暗号化キーでもバッファロー無線に繋ぐことが出来るというわけです。

例えば上記例だと、1から4までどの暗号化キーを使っても繋ぐことができます。

  1. 7E823D704A
  2. A9F425F95F
  3. FC7C6D17E5
  4. 18F0C581A8

入力例、例えばiphoneのwifiを上記バッファロー無線に繋ぎたい場合iPhonewi-fi無線接続

無線検出を行うと、上図のバッファローSSID番号を見つけることが出来るのでそこをタッチして繋ぎます

次にパスワードとあるのですがここに上例でしめした1から4までの好みのWEPキーを入れます。

例7E823D704Aと入れればバッファロー無線と繋がります。

簡単ですが説明は以上です。何か不明な点あればインターネット困りごとにでもご連絡頂けましたらご案内させて頂きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする