Windows 7 IPv6プロトコルを無効にする方法

Windows 7でポート開放が出来ない場合や通信速度が遅い場合等でお困りの際は、デフォルトで有効となっているIPv6プロトコルを無効にして改善無いかお試し下さい。但しフレッツ関連のコンテンツご利用の場合はIPv6プロトコルを無効にするとサービスを利用する事が出来なくなる恐れがありますのでご注意下さい。

WindowsXP VISTAでの無効設定はこちらです。

IPv6プロトコルを無効にする手順

スタートからコントロールパネルを開きます。

スポンサーリンク

コントロールパネルメニューにあります、ネットワークの状態とタスクの表示をクリックします。

スポンサーリンク

アダプターの設定の変更をクリックします。

インターネット接続用のモデムと繋がっているLANアダプタ又は無線アダプタを右クリックしプロパティを開きます。

以下の画面にある、インターネットプロトコルバージョン6のチェックを外してOKボタンをクリックして作業完了です。

もしも上記作業で、フレッツ関連のコンテンツが使えなくてお困りの場合は上の外したインターネットプロトコルバージョン6にチェックを入れOKボタンで画面を閉じパソコンを再起動すれば改善します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする