Android(アンドロイド)IPアドレス固定

アンドロイドタブレットやスマートフォンでご家庭のブロードバンドルータWi-Fi無線インターネット接続を行なっている状態で例えばポート開放擦る必要がある場合に必要なIPアドレス固定手順の説明です。備考、IPアドレスを固定したら繋がらないか方はこちらを参照ください。

注意事項としましては3G/4G通信時には必要のない作業です。

メニュー

IPアドレス固定する方法 (AndroidOS7.*~)

設定を開きます。(設定アイコンがない場合画面下からスワイプするか上矢印をタップしてください。)

スマホ設定アイコン

Wi-Fiをタップ。

スマホWi-Fi設定

スマートフォン接続先Wi-Fi親機のSSID名を長くタップしてください。ネットワークを削除とネットワークを変更メニューが出るので、ネットワーク変更をタップ

ネットワーク変更

詳細設定項目をタップ。注意、パスワードの所は触らないでください。

Wi-Fiパスワード変更と詳細設定

IP設定のDHCPの右横にある▲ボタンをタップ。

AndroidDHCP変更

DHCPと静的が表示されるので静的をタップするとIPアドレスを固定できます

補足、DHCPとはルーター等のDHCPサーバを参照しIPアドレスを割り当てしてもらうサービスの事で普通はDHCPを選択で良い。

Android DHCP Static(静的)

IPアドレス固定設定画面が表示されます。IPアドレスを固定する値は「IPアドレス固定設定例」を参照ください。

Android IPアドレス ゲートウェイ

Android マスク長

Android DNSサーバアドレス

IPアドレス固定設定例

IPアドレスをタッチして下さい。

IPアドレスを接続している無線ブロードバンドルータメーカー別の値に入力します。あくまでも以下は目安です。わからない場合はルータ設定BBSにご質問下さい。間違えると繋がらなくなります。

  • NEC ワープスター:192.168.0.50
  • コレガ、プラネックス:192.168.1.50
  • プラネックス2011年モデル:192.168.111.50
  • バッファロー:192.168.11.50
  • IOデータ:192.168.0.50
  • エレコムロジテック:192.168.0.50
  • エレコムロジテック2011年モデル:192.168.2.50
  • YAHOOモデム内蔵無線:192.168.3.50
  • NTTフレッツ内蔵無線:192.168.1.50
  • ソフトバンクFON:192.168.10.50
  • フレッツ光プレミアム:作業中止、個別に対応必要です

IPアドレスを入力できたらOKをタッチ

ゲートウェイ

ゲートウェイアドレスを入力します。基本的にルータの設定を行う場合のルータへのアクセスアドレスを指定すれば良い。

ルータメーカ別ゲートウェイアドレス値。

  • NEC ワープスター:192.168.0.1
  • コレガ、プラネックス:192.168.1.1
  • プラネックス2011年モデル:192.168.111.1
  • バッファロー:192.168.11.1
  • IOデータ:192.168.0.1
  • エレコムロジテック:192.168.0.1
  • エレコムロジテック2011年モデル:192.168.2.1
  • YAHOOモデム内蔵無線:192.168.3.1
  • NTTフレッツ内蔵無線:192.168.1.1
  • ソフトバンクFON:192.168.10.1
  • フレッツ光プレミアム:作業中止、個別に対応必要です

ゲートウェイを入力できたらOKをタッチ

スポンサーリンク

ネットマスク

ネットワークマスク長は通常の家庭用Wi-Fiルーターをご利用でしたら「24」を指定してください。

ネットマスク設定は次の通り。

ネットマスクは家庭用クライアントクラスC範囲になるので255.255.255.0共通になります。ネットマスクをタッチ

全てのルータ共通(家庭内LANの場合)255.255.255.0を入力してOKをタッチ

DNS1設定

DNSはGoogle提供のパブリックDNSを設定してしまいます。高速にドメインを参照しWEBページを高速に表示することが出来ます。まずDNS1をタッチします。

DNS1に8.8.8.8と入力してOKをタッチ

DNS2設定

DNS2にGoogleパブリックDNSのセカンダリ値を設定します。DNS2をタッチしてください。

DNS2に8.8.4.4と入力しOKをタッチして作業完了です

AndroidのIPアドレス固定説明は以上です。もしも繋がらなくなった場合は試行錯誤せずにチェックを入れた静的IPのチェックを外して自動取得に戻して対応下さい。どうしても上手くIPアドレスを固定出来ない場合は気軽にご質問下さい。

静的設定をしたら繋がらない

IPアドレス情報を正しく入力しても、無線のアイコンが白いままでインターネットに繋がらない場合の対処方法です。

設定から無線とネットワークを開き、Wi-Fiをタッチして一度無効化にしてください。

Wi-FiをONにする表示に切り替わったら再度タッチして有効化に切り替えてください。

ここが緑色に変わればWi-Fiインターネット利用可能です。

説明は以上です。

Xperiaの手順は次の通りです

メインメニュー表示アイコンをタップします。

Xperiaメニュー表示

設定を開きます。

Xperia設定アイコン

Wi-Fi設定メニューをタップします。

XperiaWi-Fi設定

接続している無線親機のSSID名を長タップします。

接続先SSID

ネットワークを変更を選んでください。

Xperiaネットワークを変更

パスワードはそのままで何も入力しません。パスワードの画面を少し下にスライドします。

XperiaWi-Fiパスワード入力画面

少し下にスライドすると詳細オプションを表示があるので四角いボックスにタップしてチェックを入れます。

Xperiaネットワーク設定詳細

DHCPをタップしてメニューを出します。

XperiaIPアドレス自動静的決定画面

静的をタップして頂ければIPアドレスを固定する事が出来ます。

Xperia静的IPアドレス選択

この項目で必要なアドレス情報をカスタマイズする事が出来ます。注意点としましてはマスク長は変更しないでください。

XperiaIPアドレス固定画面

説明は以上です。

Android OS 2.*~ IPアドレス固定設定画面表示する方法

無線とネットワークを開きます。備考、Xperiaでは若干異なります。こちらから別途参照ください。

Wi-Fiが有効であることを確認の上Wi-Fi設定を開きます。Wi-Fiのチェックが入っておらずインターネットに繋がっている場合はSIM通信中になりますので下手に設定を変更するとインターネットに繋がらなくなるのでご注意下さい。

SSID一覧が表示されている画面の下の方詳細を開きます。

詳細メニューがない場合は本体横棒あるボタンをタッチして下さい。

詳細設定を開きます

静的IPを使用するの右側タッチしてチェックを入れます。

次にIPアドレス、ゲートウェイ、ネットマスク、DNSを順番に設定します。有名メーカー別無線ルータ割り当てのIPアドレスを記載しておきますが、間違えると繋がらなくなるので、不安のある場合はルータ設定BBSまでAndroidIPアドレス確認の上、確認頂いたIPアドレス値記載の上お問い合わせ下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする