データー通信無制限のモバイルブロードルーター&SIM

スマートフォンのインターネット接続が遅くなってしまう7GB規制(契約プランによっては2GBや4GB制限もある)の無い、インターネット無制限のモバイルブロードバンドルーターフリーSIMをピックアップ。

爆発的に普及したスマートフォンのトラフィック容量がさらに増大化傾向にある為、ダウンロード容量規制の無い通信手段として活用頂けると思います。

モバイルブロードバンドルーターって何?

イメージ的には家庭用の無線LAN親機を持ち運び出来る小型の無線LAN親機です。当然インターネットに繋ぐ必要があるので「キャリア」(sim)契約が必要です。

以下モバイルブロードバンドルーターと言う製品です。一部の会社では「ポケットワイファイ」とも言う。

スマートフォンの様だがスマートフォンでは無い。バッテリーを内蔵したデーター通信専用で持ち運び出来る小型無線LAN親機なのだ。

2016mobairu-001

2016mobairu-002

モバイルブロードバンドルーターのメリット

基本的にスマートフォンと同じくsimを用いてインターネット接続するので、スマートフォン+モバイルルーターを持つことで二重キャリア契約となり通信コスト負担増となる訳だが次の事を理解してほしい。

モバイルブロードバンドルーターには最大平均10台までのパソコン・スマートフォン・タブレット・PSVITA・3DS・WiiU・PS4/3・テレビ・ビデオ・防犯カメラ等の様々な無線LAN接続対応端末を繋ぐ事を可能とします。

なので、通信コスト負担と言うよりも自宅用のインターネット回線としての代わりも務まるので考え方では特に二重キャリア契約によるコスト負担とはならない場合もある。

またもう一つの最大のメリットとしては

任天堂「ポケモンGO」を一緒にプレーする人にWi-Fiを貸して上げる事が出来ると言う大きなメリットがある。

ご存知の通りスマートフォンのSIMには最大で7GBのデーター通信上限があって、その上限に達すると「128kbps」と言うナローバンドインターネット並の非常に遅いインターネット接続速度となってしまうので、遅くなってしまった友人や兄弟にモバイルブロードバンドルーターの高速Wi-Fiを貸してあげる事ができるようになる。

しかしながらモバイルブロードバンドルーターのキャリアにも7GB制限を設けている会社が多いので、ここではデーター通信容量の7GBを気にしなくても良いモバイルブロードバンドルーターを提供するキャリアをピックアップします。

容量無制限モバイルブロードバンドルーター

注意事項、料金プランは必ず「Pocket WiFi L プラン」が条件+通信方式を「アドバンスドモード」に設定変更して下さい。

2016mobairu-005

アドバンスドモードで接続する事により、データー通信制限無しで高速Wi-Fiが利用する事が出来る。

2016mobairu-006

UQ WiMAX

契約料金プランは「UQ Flat ツープラス ギガ放題」なら下記掲載の何れのモバイルブロードバンドルーターでもOK。

但し、3日3GBと言うデーター通信容量上限が設けられているので3日で3GB超えなければデーター通信制限なく高速Wi-Fi可能です。

WiMAXはKDDIの子会社なので、au基地局を使いますがWiMAX2+に対応していないエリアもあるので、電波を来にされるなら普通のWiMAX(今でも実質通信制限は無いが対応する端末が少ない)にも対応する「SPEED Wi-Fi NEXT WX02」が望ましい。電波の届く範囲を調べるにはWiMAXエリア検索を参照。

Speed Wi-Fi NEXT W03 HWD34

2016mobairu-007

Speed Wi-Fi NEXT WX02

2016mobairu-008

スポンサーリンク

データー通信容量無制限 SIM

Amazonまたは楽天でSIMフリー対応のモバイルブロードバンドルーターが販売されているので、データー通信制限無しのSIMを別途ご用意の上、モバイルブロードバンドルーターに取り付けて頂く事が出来ます。もしくはスマートフォンがSIMフリーならデーター通信制限の無いSIMフリーを購入し、それをスマートフォンに契約しているキャリアのSIMと取り替えれば通信制限気にせずインターネット利用し放題です。

SIMには普通サイズのSIM(写真左)と比較的小さいマイクロSIM(写真中)と2016年前後から採用されているナノSIM(写真右)と言うサイズがあるので、ご利用のスマートフォンのSIM規格がどのサイズになるのかを確認してからご契約頂くのが望ましい。

2016n-serena-8

注意事項、MVNO事業者の大半はキャリアグレーNATと言うプライベートIPアドレス割り当てとなるので、パソコンや防犯カメラ用の通信手段としては双方向通信が出来ないので不適切です。あくまでもスマートフォンを活用したリクリエーション用としてお考え下さい。

サービス名 下り最大速度 (データー容量無制限) 月額料金 (初期費用別途必要)
AICOM
ドコモドコモ Xi&FOMAエリアを利用できるMVNO事業者。1日110Mbpsまでの制限はあるが通信制限の上限は設けられていない。110Mbps上限に達すると150kbpsまで速度は低下するが翌日からまた高速Wi-Fiが利用できるようになる。
初期費用+12ヶ月使い放題 112.5Mbps 14,800円
初期費用+6ヶ月使い放題 9,600円
初期費用+3ヶ月使い放題 4,590円
U-mobile U-NEXTが提供するMVNO事業者で、三種類の無制限サービスを用意。 USEN MUSIC SIM 255Mbps 2,980円
U-mobile PREMIUM 通話プラス 375Mbps
U-mobile PREMIUM データ専用 2,480円
b-mobile ドコモLTEネットワークを利用するMVNO事業者。3G主流時代からフリーSIMを提供。2種類の無制限サービスを用意。 b-mobile SIM 高速定額 音声付 255Mbbps 2,780円
b-mobile SIM 高速定額 1,980円
ぷららモバイルLTE NTTぷららが提供するMVNO事業者。速度は遅いがADSL回線並みのトラフィック容量を提供なので、普通のインターネット利用は問題無し。 定額無制限プラン 音声通話プラス 3Mbps 3,460円
定額無制限プラン 2,760円
ワイヤレスゲート ドコモのXiを利用できるMVNO事業者でfonと言うフリーWi-Fiスポットを利用できるプランもある。格安無制限プランの速度が250Kbpsとなる為これはメール送受信程度にしか役立たないので注意。 音声+Fonプレミアムプラン 3Mbps 2,980円
Fonプレミアムプラン 1,556円
格安480円プラン 250kbps 480円
@モバイルくん ドコモ3Gを利用するMVNO事業者で速度は余り高速では無いがCATV回線並のトラフィックを持つのと基地局が多く電波が入りやすいのが特徴。 Dプラン3G使い放題プラン 14.4Mbps 4000円(税別)
モバレコ ドコモ Xi&FOMAエリアを利用できるMVNO事業者。速度が遅く最大1Mbpsと少しストレスを感じるトラフック容量。 モバレコモバイル 超激安激混みプラン 1Mbps 298円(税別)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする