ファーウェイモバイルルーター HWD34 ポート開放設定説明

auから2016年5月発売されたWi-Fi設定がとても簡単に出来るモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W03 HWD34」ポート開放設定の説明。

HWD34の特徴はWiMAX2+キャリア接続となりキャリアアグリゲーションハイスピードモード利用時接続速度は下り方向220Mbps、ハイスピードプラスエリアに加入する事でLTEを併せた3波キャリアアグリゲーション接続ができ接続速度は下り方向最大370Mbpsものインターネット接続スペックを持つ。

モバイルルーター本体にWi-Fi設定を切り替えを行える液晶モニターを搭載するのでパソコン不要。

無線LANスペックは2.4GHz/5GHz(デュアルバンドだが切替えて使う)帯に対応しIEEE802.11b/g/n/a/ac規格に対応。2.4GHz帯の最高速度は802.11nモード接続時最大300Mbps、5GHz帯の最高速度は802.11acモード接続なのですがバンド幅が20MHzと20/40MHzまでしか設定できないので400Mbps上限となると思われる。

Wi-Fi設定がとても簡単な、WPSプッシュスタートとAndroid4.4以上ですがHWD34本体にかざすだけでWi-Fi設定を完了できるNCFを搭載。

有線LAN接続は別途オプションのクレードル「W03」を購入で対応可能。クレードルはルーターモードとアクセスポイントモードに切替えて動作可能。クレードル有線LANのスペックは1000BASE-T/100BASE-TX対応で最大接続速度はLAN無いだけ限定ですが1000Mbpsです。インターネット側の速度はゲートウェイである「HWD34」の速度を上回る事は無い。

料金プランは2種類「WiMAX 2+ フラット for DATA EX」は7GB制限なし。「WiMAX 2+ フラット for DATA」は7GB制限あり。ハイスピードプラスエリアモードはオプション且つ7GB制限あり

注意事項、ポート開放する必要がある場合WiMAXグローバルIPオプションへの加入が必要。

Speed Wi-Fi NEXT W03 HWD34 本体

スポンサーリンク

 設定画面を開く

パソコンから設定画面を開きます。http://speedwifi-next.homeアドレスをInternetExplorerのアドレス欄へ入力しEnterキーを押すとログイン画面が出るのでユーザー名とパスワードは「admin」と入力する事で設定画面を開くことが出来る。

HWD34-1006

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルーターにログインできないページを参照下さい。

設定画面が表示されたら「設定」を開きます。

HWD34-10010

次に「ファイアウォール設定」を開いて「ポートマッピング」設定を開くとポート開放設定を作成出来ます。注意、グローバルIPオプション加入必須です。

HWD34-1007

IPアドレスを固定する

ポート開放説明を閲覧する前にグローバルIPアドレスオプション月額96円(消費税別)にご加入頂く必要が有ります。WiMAXのグローバルIPアドレスオプション申し込み方法。 その他注意事項としまして、楽天やイオンやヨドバシカメラ等WiMAXと直接ご契約以外のWX01端末はシェアードアドレス通信となる恐れがありグローバルIPアドレスを取得できない場合もありますのでモバイルルータのご契約は慎重にご契約内容をお調べの上ご購入頂くようお願い致します。

スポンサーリンク

ポート開放したい端末のIPアドレスを固定します。

IPアドレス固定設定例。DHCPサーバー割当範囲192.168.100.100~192.168.100.200ですが競合しない値に設定しています。代替DNSはGoogle提供のパブリックDNSです。中国製端末がDNS参照エラーする場合があるので念の為設定下さい。

  • IPアドレス 192.168.100.150
  • サブネットマスク 255.255.255.0
  • デフォルトゲートウェイ 192.168.100.1
  • 優先DNS 192.168.100.1
  • 代替DNS 8.8.8.8

ポート開放する

ファイアウォール設定を開いてポートマッピングメニューを開きます。

HWD34-1008

設定サンプル、ネットワークカメラやWEBサーバーそれにNAS等でよく使うTCP/80番の入力例をご覧ください。サーバソフトはインストール不要のANHTTPDを使えば簡単に通信テストを行うことが可能です。

  • ステータス 必ずオンにチェック
  • 共通ポート 変更しません(サーバーデフォルトポート設定関連です)
  • LANポート 80
  • WANポート 80
  • プロトコル TCP
  • LAN IPアドレス 192.168.100.150
  • ADDをクリック
  • 適用

以上で設定完了です。LANポートとWANポートが分けられているのはポート変換可能とする為。

HWD34-10011

以上で設定完了です。 その他、Minecraftサーバ動作の設定TCP/25565番の設定例です。

  • ステータス 必ずオンにチェック
  • 共通ポート 変更しません(サーバーデフォルトポート設定関連です)
  • LANポート 25565
  • WANポート 25565
  • プロトコル TCP
  • LAN IPアドレス 192.168.100.150
  • ADDをクリック
  • 適用

HWD34-10012

UDPポートを設定する手順の説明。Minecraftポータブルエディション19132番を使って説明します。

  • ステータス 必ずオンにチェック
  • 共通ポート 変更しません(サーバーデフォルトポート設定関連です)
  • LANポート 19132
  • WANポート 19132
  • プロトコル UDP
  • LAN IPアドレス 192.168.100.150
  • ADDをクリック
  • 適用

設定を追加出来たらUDPポート開放チェックを参照し回線チェックツールから手動ポート19132と変更し回線チェック。手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来るようになります。

HWD34-10013

説明は以上ですが突然速度が遅くなったりポート開放しなくなった場合は帯域規制の可能性が高いです。キャリ側の接続をノーマルモードに切り替える等して改善しないかお試し下さい。

その他設定とマニュアル・ダウンロード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする