DIGA ディーガ IPアドレス固定

*

DIGA ディーガ IPアドレス固定

公開日: : 最終更新日:2014/07/18 IPアドレスの確認&固定

パナソニックディーガのIPアドレス固定手順の説明。LAN側からパソコンなどでディーガにアクセスし録画予約したり、外出先から携帯電話でディーガにアクセスして録画予約したりする場合に必要なネットワーク構築設定作業です。固定したIPアドレスを元に外部アクセスポート開放を行うと、携帯電話やiPhoneでディーガにアクセス出来るようになります。

ディーガに外部からアクセスしたい場合のグローバルIPアドレスを確認したい場合はグローバルIP確認をご覧ください。(ディーガにつないでいるネットワーク環境から確認)

グローバルIPアドレスの確認が面倒ならダイナミックDNSを設定ください

IPアドレス固定手順

まずディーガのIPアドレス確認出来る画面まで進んでください。詳しくはディーガIPアドレス確認を参照ください。

IPアドレスを固定設定する前に必ずゲートウェイアドレスを控えてください。

以下のゲートウェイアドレスサンプルなら192.168.1.1となります。ゲートウェイアドレス別に固定アドレス値を説明します。

ディーガのIPアドレス確認画面が表示されたらIPアドレス自動取得にディーガのリモコンの上下の矢印で進んで、の方にリモコンの左右矢印ボタンで選んでください。

IPアドレス自動取得を切に変更したら次にディーガリモコンで下矢印ボタンでIPアドレスを選んで決定を押して下さい。

IPアドレス設定画面が出ますので、こちらの画面でディーガのIPアドレスを固定することができます。

固定する手順なのですが、リモコンの11番(取り消し)を押して空欄にしてからIPアドレスを固定値を入力することができます。リモコンの説明は次をご覧ください

ディーガのリモコンでIPアドレスを入力するには、フタを開けるタイプ(左)は図したの方の11番で取り消しできます。一体型リモコン(右)なら図の様に11番でIPアドレスを空欄にすることができます

備考:IPアドレスの数値を入力する場合も1-9で設定します。0は10番を押します。

ゲートウェイドレス別のIPアドレス固定説明

ディーガのIPアドレス固定の値をゲートウェイアドレス別で説明します。冒頭説明したゲートウェイアドレス別のリンクをクリックし入力値を参照してディガのIPアドレスを固定してください。

備考:サブネットマスクとゲートウェイアドレスは変更設定頂く必要はありません。IPアドレスとDNSのみ入力作業下さい。

ルータアドレス192.168.1.1

  1. IPアドレス:192.168.001.030
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.001.001
  4. DNS:192.168.001.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

備考:DNSはGoogleパブリックDNSを設定しても構いません。(各種ゲートウェイアドレス別共通になります。ただしCTU割り当て範囲除く)

(プライマリDNS:8.8.8.8、セカンダリDNS:8.8.4.4)

ルータアドレス192.168.0.1

  1. IPアドレス:192.168.000.030
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.000.001
  4. DNS:192.168.000.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

ルータアドレス192.168.3.1

  1. IPアドレス:192.168.003.050
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.003.001
  4. DNS:192.168.003.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

ルータアドレス192.168.11.1

  1. IPアドレス:192.168.011.030
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.011.001
  4. DNS:192.168.011.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

ルータアドレス192.168.111.1

  1. IPアドレス:192.168.111.030
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.111.001
  4. DNS:192.168.111.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

ルータアドレス192.168.24.1

こちらのIPアドレス割り当て範囲はフレッツ光プレミアムCTUブロードバンドルータのIPアドレス割り当て範囲となるのですが、DNSはノートンのDNSやGoogleパブリックDNSは使えません必ずDNSは192.168.24.1として下さい。

  1. IPアドレス:192.168.024.010
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.024.001
  4. DNS:192.168.024.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

備考:192.168.24.10に固定した場合CTUポート開放時、DHCP払い出し設定不要です。そのまま静的アドレス変換(ポート指定)のLAN側IPアドレスに192.168.24.10を指定すればポート開放できます。

入力が完了したら

固定IPアドレスの設定が完了した決定ボタンを押してはいを選んで決定でIPアドレス固定設定完了になります。

関連記事

no image

iPhone IPアドレス確認

iPhoneのIPアドレス確認ローカルIPアドレスの確認方法です。ローカル側でiPhoneをServ

記事を読む

no image

WF1200HP ポート開放出来ない繋がらない WAN側IPアドレスの確認

NECのWF1200HPブロードバンドルータを導入したがWi-Fi設定を完了したのにつながらない又は

記事を読む

no image

Linux IPアドレス固定方法

LinuxのローカルIPアドレスを固定する設定の説明です。手順はX window基準に説明させて頂い

記事を読む

no image

iPhone IPアドレス固定

iPhoneでワイファイ無線LAN接続時ローカル側(プライベートネットワーク/LAN)IPアドレスを

記事を読む

Windows 10 IPアドレスとMACアドレスの確認方法

Windows10の現在割り当てられているIPアドレス(ポート開放する場合やローカルパスを呼び出すと

記事を読む

no image

Windows 7 IPアドレス固定方法

Windows 7のポート開放設定時ルータへ指定するポート開放先IPアドレスを予め固定しておく事で設

記事を読む

no image

Windows7 IPアドレス自動取得の確認

Windows7のIPアドレス自動取得確認時の説明です。kagemaruより二重ルータ環境の指摘など

記事を読む

no image

Aterm BL170HV DNSアドレスの確認方法

KDDのホームゲートウェイ、Aterm BL170HVご利用で、IPアドレス固定した際インターネット

記事を読む

no image

Android(アンドロイド)マックアドレスの確認

アンドロイドタブレット(スマート・フォン含む)でWi-Fi無線インターネット接続する際にMA

記事を読む

no image

NTT-ME BA5000 Pro DHCP払い出し

ntt-meのBA5000Proルータのポート開放する場合に必ず必要なマックアドレスを登録するDHC

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



Speed Wi-Fi NEXT W03 / W04 ポート開放設定説明

WiMAX2+回線を使うモバイルルータ「W03 / W04」(Huaw

ELECOM WRC-1167GHBK / WRC-1750GHBK(E) ポート開放

LogitecからのOEM供給商品では無いELECOMブランドのIEE

WiMAX2+対応無線LANルーター L01 ポート開放の説明

2017年2月に発売されたWiMAX2+回線を使う可搬式対応無線LAN

Windowsのファイル共有したり内蔵・外付けHDDまたはUSBストレージファイルをシェアする方法

Windowsパソコンが余っていたらパソコンをNASの様にLAN内でフ

防犯カメラやネットワークカメラが突然繋がらなくなった場合の復旧方法

防犯カメラやネットワークカメラがある日突然見られなくなった場合の基本的

→もっと見る

PAGE TOP ↑