DIGA ディーガ IPアドレス固定

パナソニックディーガのIPアドレス固定手順の説明。LAN側からパソコンなどでディーガにアクセスし録画予約したり、外出先から携帯電話でディーガにアクセスして録画予約したりする場合に必要なネットワーク構築設定作業です。固定したIPアドレスを元に外部アクセスポート開放を行うと、携帯電話やiPhoneでディーガにアクセス出来るようになります。

ディーガに外部からアクセスしたい場合のグローバルIPアドレスを確認したい場合はグローバルIP確認をご覧ください。(ディーガにつないでいるネットワーク環境から確認)

グローバルIPアドレスの確認が面倒ならダイナミックDNSを設定ください

IPアドレス固定手順

まずディーガのIPアドレス確認出来る画面まで進んでください。詳しくはディーガIPアドレス確認を参照ください。

IPアドレスを固定設定する前に必ずゲートウェイアドレスを控えてください。

以下のゲートウェイアドレスサンプルなら192.168.1.1となります。ゲートウェイアドレス別に固定アドレス値を説明します。

ディーガのIPアドレス確認画面が表示されたらIPアドレス自動取得にディーガのリモコンの上下の矢印で進んで、の方にリモコンの左右矢印ボタンで選んでください。

IPアドレス自動取得を切に変更したら次にディーガリモコンで下矢印ボタンでIPアドレスを選んで決定を押して下さい。

IPアドレス設定画面が出ますので、こちらの画面でディーガのIPアドレスを固定することができます。

固定する手順なのですが、リモコンの11番(取り消し)を押して空欄にしてからIPアドレスを固定値を入力することができます。リモコンの説明は次をご覧ください

ディーガのリモコンでIPアドレスを入力するには、フタを開けるタイプ(左)は図したの方の11番で取り消しできます。一体型リモコン(右)なら図の様に11番でIPアドレスを空欄にすることができます

備考:IPアドレスの数値を入力する場合も1-9で設定します。0は10番を押します。

スポンサーリンク

ゲートウェイドレス別のIPアドレス固定説明

ディーガのIPアドレス固定の値をゲートウェイアドレス別で説明します。冒頭説明したゲートウェイアドレス別のリンクをクリックし入力値を参照してディガのIPアドレスを固定してください。

スポンサーリンク

備考:サブネットマスクとゲートウェイアドレスは変更設定頂く必要はありません。IPアドレスとDNSのみ入力作業下さい。

ルータアドレス192.168.1.1

  1. IPアドレス:192.168.001.030
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.001.001
  4. DNS:192.168.001.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

備考:DNSはGoogleパブリックDNSを設定しても構いません。(各種ゲートウェイアドレス別共通になります。ただしCTU割り当て範囲除く)

(プライマリDNS:8.8.8.8、セカンダリDNS:8.8.4.4)

ルータアドレス192.168.0.1

  1. IPアドレス:192.168.000.030
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.000.001
  4. DNS:192.168.000.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

ルータアドレス192.168.3.1

  1. IPアドレス:192.168.003.050
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.003.001
  4. DNS:192.168.003.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

ルータアドレス192.168.11.1

  1. IPアドレス:192.168.011.030
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.011.001
  4. DNS:192.168.011.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

ルータアドレス192.168.111.1

  1. IPアドレス:192.168.111.030
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.111.001
  4. DNS:192.168.111.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

ルータアドレス192.168.24.1

こちらのIPアドレス割り当て範囲はフレッツ光プレミアムCTUブロードバンドルータのIPアドレス割り当て範囲となるのですが、DNSはノートンのDNSやGoogleパブリックDNSは使えません必ずDNSは192.168.24.1として下さい。

  1. IPアドレス:192.168.024.010
  2. サブネットマスク:255.255.255.000
  3. ルーター:192.168.024.001
  4. DNS:192.168.024.001
  5. セカンダリDNSは変更しなくて良い

備考:192.168.24.10に固定した場合CTUポート開放時、DHCP払い出し設定不要です。そのまま静的アドレス変換(ポート指定)のLAN側IPアドレスに192.168.24.10を指定すればポート開放できます。

入力が完了したら

固定IPアドレスの設定が完了した決定ボタンを押してはいを選んで決定でIPアドレス固定設定完了になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする