CG-WLR300N WAN側IPアドレスの確認

CG-WLR300Nと言うコレガの無線ルータと繋いでいるモデムにルータ機能がないか調べるWAN側IPアドレス確認手順説明です。もしいまから説明する手順で二重ルータに該当する場合はCG-WLR300Nをブリッジモードに変更しルータ機能を無効化とし元モデム内にあるルータ機能へポート開放を行う必要があります。

WAN側IPアドレス確認方法

まずルータの設定画面を開いてください。前のページを参照

設定画面が開きましたら、左メニューからステータスメニューを開きます。

スポンサーリンク

ステータス画面にありますWAN側状態欄にある、IPアドレスを確認します。(注意:LAN状態と無線状態は関係ないので参照頂く必要はありません)

確認頂いたWAN状態項目内にあるIPアドレス:192から開始されている場合は、二重ルータとなります。

もしくはCATV回線に繋いでいてポート開放出来ないプライベートIPアドレス契約の方も192や172、10からの先頭アドレスが表示されることもあります。

もしも上記の方が該当するユーザー様はこのルータをブリッジモードに変更して頂いて、CG-WLR300NとLANケーブルで繋がっているモデムを確認し当サイトにある該当型番モデムの説明を参照しポート開放すると解決できると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする