ルータ別のローカルIPアドレス固定設定

通常IPアドレスはデフォルトゲートウェイを確認してから行いますが、利用されている回線別では以下の通りにパソコンのIPアドレスを固定する事が出来ます。

また、バッファローやコレガ無線LANルータをブリッジモードに変更して何らかのトラブルにより全くインターネットやルータにアクセス出来なくなった場合等はパソコンのIPアドレスを固定してルータへアクセスする事が可能になります。

例:コレガ無線ルータをブリッジにした場合、192.168.1.220

例:バッファロールータをブリッジに変更した場合192.168.1.100

に変更されます。

これらにアクセスする場合パソコンのIPアドレスを以下の様に変更します

IPアドレス:192.168.1.10

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

以上の様に固定することでアクセスすることが可能になります。

スポンサーリンク

ルータ別パソコンのIPアドレス固定サンプル

IPアドレス固定サンプルは、デフォルトゲートウェイ別にサンプルを記載しておきます。

IPアドレスが具体的に何番まで指定できるかの目安ですが、一般的に皆様の設定はクラスCと言うIPアドレス構成になりますので、理論的にはルータを入れて概ね255台までインターネットに繋ぐことが出来ます。

スポンサーリンク

指定できるアドレスの値は第四セグメントを2~254までを目安とすれば、IPアドレスの固定設定を行いやすいと思います。

第四セグメントの位置

192.168.1.10

上記の場合192(第一セグメント)168(第二セグメント)1(第三セグメント)10(第四セグメント)

になります。IPアドレスの一番最後の番号を変更する事で簡単にローカルIPアドレスを固定することが出来ます。

設定関係のワンポイント、サブネットマスクは255.255.255.0を指定下さい。

デフォルトゲートウェイアドレス 192.168.1.1の場合(NTTフレッツルータやコレガルータ)

デフォルトゲートウェイアドレス 192.168.0.1の場合(atermやイーアクセスルータ)

デフォルトゲートウェイアドレス 192.168.24.1の場合(フレッツ光プレミアムCTUルータ)

デフォルトゲートウェイアドレス 192.168.11.1の場合(バッファロールータ)

デフォルトゲートウェイアドレス 192.168.3.1の場合(YAHOOルータ)

以上簡単ですが、デフォルトゲートウェイアドレス別のIPアドレス固定設定説明です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする