スポンサーリンク

PSPのインフラストラクチャモード設定手順説明

PSPをインターネットに接続するインフラストラクチャモードの説明

まずPSPのトップ画面の左右移動メニューからネットワーク設定画面を選択します。
左図メニューがネットワークメニューです。
次に上下メニューでネットワーク設定を選択下さい
左図がネットワーク設定メニューです。
ネットワーク設定画面が表示されたら
インフラストラクチャモードを選び◎(決定)ボタンを押します。
新しい接続の作成を選んで◎(決定)ボタンを押します。(既にWEPキーを設定して作成している場合は、編集を選んでください。)
◎(決定)ボタンを押してキーボード入力を用意して、何でも良いので(任意の名称)接続先名を入力します。
→方向キー押して次の画面を表示します。

自動検索を選択して○ボタンを押します。自動的に近くの無線LANを検出するので、表示された無線LANのSSIDナンバーに間違いなければ→方向キーで次に進みます。
注意)暗号化キーは無線LANのWEPキーになります。もしも分からない場合は、パソコンから無線LANの設定画面を開いて、WEPキーを再設定してPSP設定手順を最初から再度行ってください。
注2)ポート開放の場合はAOSSは無効にして、暗号化はWEPキーではないとポート開放が難しい場合があります。WEPキーは無線LANにアクセスして自分で決めることが出来ます

次の画面は「カスタム設定」を選択し→方向キーを押します。

以下の画面にそれぞれIPアドレスを指定します。

設定内容が表示されます。→方向キーを押します

次の画面が表示されましたら◎ボタンを押して設定を保存
次の接続テストメニューが表示されましたら、接続テストをするを選んで◎ボタンを押してください。
最後に接続に成功すると、接続したネットワーク情報が表示されます。確認できましたら×ボタンでテストを終了し作業完了となります。WEB
CASTERやRT200KI等の場合以下の画面に表示されるMACアドレスも必要なのでお控えください

以上でポート開放設定の準備は完了です。それぞれのルータ別にポート開放設定を行ってく下さい。
前のページに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました