スポンサーリンク

コレガ CG-WLBARAGM ポート開放説明

CG-WLBARAGMのポート開放説明ですが、説明を参照する前にまず二重ルータ環境ではないかを確認の上設定の方お願い致します。こちらの説明を参照でご確認お願い致します。
IPアドレスの固定に付きましてはコレガルータは幸いIPアドレスの変動が少ないので一度ルータへ接続してCG-WLBARAGMから割り当てられたアドレスは変動し辛いので特に固定する必要はないでしょう。但しルータ設定内でプルダウンメニューからポート開放したいパソコンのIPアドレスを選択する作業がありますのでCG-WLBARAGMへ複数パソコンや任天堂Wii・プリステーション3を繋いでいる場合はパソコンのIPアドレスを確認してから作業をお願いします。
もしIPを固定して利用されたい場合は、左メニューよりパソコンのIP固定方法を参照下さい。
コレガルータ利用時パソコンのIPアドレス固定例
IPアドレス:192.168.1.10
サブネットマスク:255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1
DNSは自動もしくはインターネットプロバイダ指定のものを設定下さい。
それからBフレッツの回線でplalaさん利用であれば、ネットバリアーベーシックの解除も行ってください。解除の後、30分でポート制限を解除できます。
ルータの設定画面表示(ルータへログイン)
ルータ設定画面ログイン方法http://192.168.1.1/
上記をクリックもしくはInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押します。
ログイン画面が表示されるので
ユーザー名 root
パスワード 未入力(空欄)
【OK】をクリックすると表示されます。

 

個別ポート開放 バーチャルサーバ設定の説明

左メニューの詳細設定メニューからバーチャルサーバメニューを選択し表示された以下の画面で設定を行います。図の項目に開放したいポート番号情報を入力します。

設定例
接続先はプルダウンメニューからポート開放したいパソコンのIPアドレスを選択します。
サービス名は必ずユーザー定義ですがWEBサーバ関連であればWEBやFTPを選択します。以下は80番ポートの開放例です。任意のポート番号に変更することで設定できます。
プロトコルはTCPかUDP何れかを選択下さい。ポート開放するソフトで指定の無い場合はTCPを選択下さい。
設定できたら登録ボタンをクリックで作業完了です。

広範囲でポート開放したい場合は以下の用に設定します。
例えばUDPプロトコルの5730から5739番まで一括で開放設定を作成する場合のサンプルです。

登録した設定は以下の様に反映されます。但し反映されるまで少しルータ側の処理で120秒程度必要になる事もありますのでポートチェックは少し時間がたってからお願いします。

設定完了の後、パソコン関連であればファイヤーウォール設定の方も変更が必要な場合がありますのでご確認の程お願い致します。

その他の設定

説明は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました