Home Wi-Fi WR8166N DMZ

ドコモレンタルの無線ブロードバンドルータHome Wi-Fiに繋いでいるPS3やPSVITAそれにWiiUそれにスマートフォンやタブレットで、ポート開放する必要がある場合、簡単にポート開放できるDMZ設定がおすすめなのですが、このモデルには搭載されませんので、一台の端末にポートをすべて転送させる方法で代替説明させて頂きたいと思います。フレンドの招待が出来ない問題、ルームの作成が出来ない問題、双方向映像音声サービスが利用できない等の通信トラブルを改善することが可能です。

設定の準備

DMZを適用するPS3や任天堂Wiiもしくはその他クライアントのIPアドレスを固定して下さい。

IPアドレス:192.168.010.210

サブネットマスク:255.255.255.000

デフォルトルータ(又はゲートウェイ):192.168.010.001

プライマリDNS:192.168.010.001

セカンダリDNS:空欄または000.000.000.000

スポンサーリンク

固定できたらインターネットに繋がるかを念の為確認下さい。繋がらなくなる場合はこのルータがブリッジモード(APモードとも言う)動作している可能性があります。その場合はこのルータにポート開放する必要はありません。

スポンサーリンク

DMZを設定する

まずルータの設定画面を開いて下さい。HOME Wi-Fi ポート開放を参照しポートマッピングページの追加から以下の設定を1つだけ作成下さい。他の設定を追加するとルール違反となり正しくポート開放できなくなります。

  • LAN側ホスト:192.168.10.210
  • プロトコル:TCP/UDP(両方)
  • ポート番号「1」-「65535」
  • コメントは空欄で構いません
  • 設定

ポートマッピングの設定は完了ですが、次にポート転送競合を防止する為に次のUPnPを無効化も併せて設定ください。

UPnPサービスを無効にします

基本設定メニューを開きます。

画面真ん中辺りにあります、UPnP機能の使用しないにチェックを入れ替えて設定ボタンを選んで作業完了です。注意点としましては、このサービスを無効とするとSkypeやVoIP(IP電話アプリ)などが使えない場合があるので、オンラインゲーム等しない場合はUPnP機能を使用するに変更して有効化に切り替えて置いてください。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする