NTT-ME BA5000 ポート開放

ntt-meのBA5000ルータのポート開放説明です

このルータはローカルサーバ設定よりポートを開く事が出来ます。またポートを全て開くサービス(DMZ)はバーチャルコンピュータ設定より行う事が可能です。

マニュアルを参照するとこのルータはローカルアドレスに対して、頻繁に変動する事があります。

ローカルIPが頻繁に変動する場合は、設定したパソコンのIPアドレスが変動する事になり、その場合ポートは閉鎖してしまいます。

まずは、パソコンのIPを固定してから設定参照下さい。

XPの固定方法はこちら

固定IPサンプル

IPアドレス 192.168.1.10

サブネットマスク 255.255.255..0

デフォルトゲートウェイ 192.168.1.1

DNS 優先のみ 192.168.1.1

以上の様に固定設定されると良いとおもいます。

スポンサーリンク

ポートを開放する手順

まずBA5000Proの設定画面を開きます。

http://192.168.1.1/

このアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押すとログイン画面が表示されます。

ユーザー名に【 空欄(何も入力しません) 】

パスワードに【 pass 】

を入力しOKをクリック。

※ページを表示出来ませんのエラーの場合はこちら

設定画面が表示されましたら、メニューにある詳細設定からバーチャルコンピュータ/ローカルサーバメニューをクリックします。

ba5000ローカルサーバ

ローカルサーバの設定説明

スポンサーリンク

ローカルサーバの指定方法:アプリケーション指定は行いません。ポート指定にチェックで設定します。

プロトコル:TCP又はUDPを選択。

ポート:1個のポートを選択の場合は一つの番号 範囲を選択の場合は大きく開く事が出来ます。

外部IPアドレス入力:一般ユーザー様は入力しません。

開始 終了:開きたい番号を入力

転送先IPアドレス:パソコンのIPアドレスを入力

入力できましたら「ローカルサーバリストに追加」ボタンをクリックして設定完了

ローカルサーバの設定例

WEBサーバ TCP 80 を開く場合

コナミオンラインゲーム

UDP 5730から5739まで広範囲に開く場合

バーチャルコンピュータ ポート全開にする設定

開放ポート情報が不明 ゲーム機器の開放の場合に最適な設定です。

設定項目は上の説明と同じバーチャルコンピュータ/ローカルサーバメニューから以下の様に設定します。

バーチャルコンピュータ機能にある有効のチェックボックスをクリックしてチェックを入れ

転送先IPアドレス 項目に開放したいIPアドレスを入力するのみです。

入力完了出来ましたらバーチャルコンピュータの設定ボタンをクリックし作業完了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする