auホームゲートウェイ BL900HW IPv6ポート開放

auホームゲートウェイ BL900HWのマルチスタックサービスIPv6側サービスのポート開放手順の説明です。MACアドレス指定で簡単にホスト公開設定が可能ですが、クライアント側のIPv6アドレスを固定設定する際はインターフェースIDを作成する必要があります。

設定手順の説明

MACアドレス指定で説明します。MACアドレス確認の手順一覧。次にauホームゲートウェイ BL900HW ポート開放を参照しルータの設定画面を開き、IPv6ホスト公開設定メニューを開き設定します。項目の説明は次の通りです。

  • 動作:公開と遮断(ファイアヤーウォールルールと同じ)
  • ホストの指定:IPv6アドレスとMACアドレス指定から選べます。
  • IPv6アドレス:上v6指定の場合はインターフェースIDを指定。anyは全てと言うルールになります
  • MACアドレス:上MACアドレス指定の場合はルール適用の端末MACアドレスを指定
  • プロトコル:IPv6全てを選ぶとTCPとUDP両方(BOTH)設定になります。個別にTCP/UDPを指定可能
  • ポート番号:転送させるポート番号を指定。単一なら左側のみ入力右側空欄で
  • 優先度:1-20まで指定可能1番から優先されます。
  • 設定を選んで
  • 保存を選んで作業完了になります。

理論的にはマルチセッションなのでIPv4側のポートマッピングと混在しても問題は無いと思います。

スポンサーリンク

設定例

WEBサーバポート80/TCPの設定サンプルで説明します。まず確認した端末のMACアドレスが00-00-00-00-00-00だった場合ハイフンをコロンで区切って設定します。00:00:00:00:00:00として指定。

  1. 動作:公開にチェック
  2. ホストの指定:MACアドレス指定
  3. MACアドレスは例00:00:00:00:00:00
  4. プロトコル:TCP
  5. ポート番号:anyのチェックを外します「80」-「空欄」
  6. 優先度:1
  7. 設定
  8. 保存

以上で作業完了です。

説明は以上です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする