au Wi-Fi WALKER LTE ポート開放

Wi-Fi WALKER LTE

au(KDDI)法人向けLET/4G通信対応Wi-Fi WALKER LTEのポート開放手順と無線LAN設定手順の説明です。

KDDIの強みを生かしたWi-Fi対応ブロードバンドルータで、国内はもちろん、海外のローミングサービスに強いのが特徴です。

グローバルパスポート(日割り契約可能)に加入すれば世界中でこのルータを使ってインターネットを利用することが可能です。

またリモートアクセスサービス (CPA (cdma Packet Access))セキュアなVPN通信も提供。企業の機密情報を取り扱うのに便利なサービスを利用することが可能です。製造元メーカーはファーウェイです。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

パソコンから設定画面を開きます。ルータ本体をUSBケーブルでパソコンにつないでhttp://au.home/のアドレスをブラウザのアドレス欄に入力して開くことができます。以下のログイン画面が表示されますのでユーザー名とパスワードを入力頂くと設定画面を表示する事が出来ます。
ユーザー名は admin  パスワード は、ルータ本体のWPSボタンを1秒以内に二回押しで表示されるWEPキーがログインパスワードになるのでご確認下さい。

WEPキー確認方法(ルータログインパスワード)は、本体側面にある図のボタンを、一秒以内に二回押しで、本体の液晶画面に、SSID2番号の表示の後に確認できます。

もしもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参照下さい.。

続けてポート開放する場合は下記をご覧下さい。無線設定、その他の設定はこちら

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。備考、DHCP割り当て範囲外192.168.1.100-192.168.1.200を回避しております。

IPアドレス:192.168.1.220

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

優先DNS:8192.168.1.1

代替DNS:空欄

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

ポート開放を行う

設定からファイアウォール設定を開きます。次のポートマッピングから個別ポート開放設定を作成することが可能です。

スポンサーリンク

ポートマッピング項目の説明

  1. 名称、任意の分かりやすい名前を入力します。例、カメラ等
  2. 共通ポート、ウェルノウンポートが予め設定されているので、例えばWEBサーバならhttpニーモニックを選ぶことで自動的に80番が設定されます。通常使わないです。
  3. LANポート、LAN側のポート番号です。通常ポート開放番号を入力下さい。
  4. プロトコル、TCP又はUDP又はその両方を選ぶことができます。
  5. ステータス、は必ずオンに切り替える必要があります。
  6. WANポート、ポート開放番号を入力します。4番LANポートと同じで構いません。
  7. LAN IPアドレス、ポート開放する端末のIPアドレスを入力します。
  8. 追加更新をクリック
  9. 適用をクリックして作業完了です。

設定サンプル

設定サンプルとしまして。最初にWEBサーバ用の80/TCPポートの設定例です。ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できるので便利です。

  1. 名称、test等
  2. 共通ポート、変更しません。
  3. LANポート、80
  4. プロトコル、TCP
  5. ステータス、オン
  6. WANポート、80
  7. LAN IPアドレス、192.168.1.220
  8. 追加更新をクリック
  9. 適用をクリックして作業完了です。

その他のポート開放設定例

minecraftのサーバ設定例

  1. 名称、test等
  2. 共通ポート、変更しません。
  3. LANポート、25565
  4. プロトコル、TCP
  5. ステータス、オン
  6. WANポート、25565
  7. LAN IPアドレス、192.168.1.220
  8. 追加更新をクリック
  9. 適用をクリックして作業完了です。

ご質問の多いUDPポートの設定です。緋想天10800番で説明します。

  1. 名称、test等
  2. 共通ポート、変更しません。
  3. LANポート、10800
  4. プロトコル、UDP
  5. ステータス、オン
  6. WANポート、10800
  7. LAN IPアドレス、192.168.1.220
  8. 追加更新をクリック
  9. 適用をクリックして作業完了です。

設定を追加出来ましたら、UDPポートチェックツールを取得して手動ポート10800と入力し回線チェックして下さい。

説明は以上です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする