エレコム LD-BBR4 L2 L3 M2 M3 WBBR4 4Lポート開放設定

エレコム LD-BBR4L2 LD-BBR4L3ルータの ポート開放設定の説明

このルータはポートフォワーディングメニューから個別ポートを開放する設定と、特殊プリケーションと言うオンラインゲーム等に最適な設定の二種類設定があります。

設定説明

まずルータの設定画面を表示します。

以下のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力してEnterキーを押します

http://192.168.1.254/

システム状態確認画面が表示されます。

画面左下にある「システムパスワード」欄に

admin

と入力してログインボタンを選択するとルータの設定画面を表示する事が出来ます。

ログイン出来ましたら、左設定メニューの「ポートフォワーディング」メニューをクリックします。(下図参照)

注意!LD-WBBR4の場合「バーチャルサーバ」メニューから下図を参照下さい。

1から12までポートを開放する設定を行うことが出来ます。

スポンサーリンク

設定手順説明

サービスポート番号:開放したいポート番号

サーバIPアドレス:パソコンのIPアドレス。192.168.1.10であれば最後の数値10のみを入力します。

有効:ここに必ずチェックを入れます。

設定できましたら「保存」ボタンをクリックし

ルータ再起動ボタンが表示されるのでクリックします。

ルータの再起動完了まで1~2分必要なので再起動が完了してからポートが開いているかを確認下さい。

スポンサーリンク

特殊アプリケーション

開放したいIPアドレスが不明の機器(例任天堂DS等)をポート開放する事が出来る設定です。この設定は開放指定する機器のIPアドレスを指定しなくてよく、開放するポート番号のみ指定する設定になります。

※この設定を行うと、上記で説明したポートフォワーディングの設定が上手く動作しない場合があるので、ポートを開く手順としましては何れかの設定で開くようにします。

ルータ左メニューの特殊アプリケーションメニューをクリックします。

設定画面が表示されるので、開きたいポートを指定します。

トリガー:ゲームソフト等が使用するポート番号。

インカミングポート:開放するポート番号

※トリガーポートがよく分からない場合、開放しなくてはいけないポート番号でお試し下さい。

インカミングポートはハイフン(-)やカンマで区切ることが出来ます。

例:5730,5800だと記載した二個のポートしか開きません(-)ハイフンをで記載すると記載した間のポートが全て開きます。

入力できましたら、有効にクリックしてチェックを入れ「保存」ボタンをクリックし

ルータ再起動ボタンが表示されるのでクリックします。

簡単ですが説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする