CG-WLR300NX DMZ設定手順の説明

コレガのCG-WLR300NXに繋いでいるPSVITAや任天堂WiiUや3DSのポート開放を簡単に設定出来るDMZ設定手順の説明です。コレガのルータはMACアドレスを認識してIPアドレスを静的に割り当てる事が出来るんですが、肝心の任天堂端末はゲーム機本体からIPアドレスを確認することが出来ないので逆説的にIPアドレスを固定してしまってそれをコレガ側に認識させてDMZを適用させてしまいましょう。MACアドレスを手動で登録してDHCPサーバより割り当てる方法もあるのですが混乱するといけないのでそちらの説明は省略致します。

準備、IPアドレスを固定する

まずDMZを適用したい端末のIPアドレスを次の様に固定してしまいます。

  1. 3DS
  2. WiiU
  3. PS3
  4. PS4

IPアドレス192.168.001.150

サブネットマスク255.255.255.000

デフォルトルータ(ゲートウェイ)192.168.001.001

プライマリDNS192.168.001.001

セカンダリDNSは任天堂端末だけ008.008.008.008を指定。それ以外は0.0.0.0又は空欄で構いません。

IPアドレスの設定ができたら必ずインターネットに繋がることを確認ください。もし繋がらない場合はIPアドレスを自動取得に戻して作業を中止してください。アドレスを固定して繋がらなくなる理由は二重ルータ環境が原因の可能性が高いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

DMZを適用する

ルータの設定画面を開いて下さい。CG-WLR300NX ポート開放説明を参照

設定画面が開いたら機器情報を更新させたいので管理メニューより再起動項目の右側のボタンの実行をクリックしてルータ本体を再起動させてください。再起動完了するまで約1分少々かかりますのでその間インターネットへつながりませんのでお待ちください。再起動完了できたら今一度ルータの設定画面を開いて下さい。

coregawlr300nx 再起動

次に詳細設定からDMZメニューを開いて下さい。

coregawlr300nxDMZメニュー

DMZホストの右側▼のプルダウンメニューより192.168.1.150を選択頂いて設定ボタンをクリックして保存。以上で設定完了です後は繋がらなかったコンテンツやサービスが問題なく繋がるようになったか等でポート開放で来たかをご確認下さい。

coregawlr300nxDMZ設定画面

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする