CG-WLR300NXに3DSやPSVITAを繋ぐ方法Wi-Fiつなぎかたの説明

コレガのCG-WLR300NX無線LAN親機に、スマートフォンやPSVITAや3DSをWi-Fi接続させる手順の説明です。自宅のインターネットに繋ぐので不必要な通信費用(契約した家庭用のインターネット料金のみ)を掛けずに思う存分インターネット検索や動画の視聴それにオンラインゲームやアプリのダウンロードを行うことが出来ます。一応スマートフォンで繋ぐ場合は設定メニューよりモバイル通信は切って下さい。そうすればキャリア接続とはならずパケット制限気にする事無くインターネットを楽しむことが出来ます。

WPS簡単接続を使う

各種端末のWPS方式でWi-Fi設定を選んで、WPSボタン(本体裏側にあります)を2秒以上長押しして話します。後は自動的に設定が完了します。本体のWPSランプが橙色点滅している事を確認。後は自動的につながります。

準備暗号化キーとSSIDを設定する

本体の裏側に図の様なシールが貼り付けされています。SSID名は赤枠の002687XXXXXXから始まるものになるのでご確認下さい。備考、WEP暗号化方式で繋ぐ場合は002687XXXXXX_2ndと書かれている方で繋いで下さい。暗号化キーは共通です。暗号化キー(パスワード)は青い枠に記載のキーを入力します。
CG-WLR300NXのSSIDとパスワード

上記の設定が完了したら端末別にWi-Fi設定を行なって下さい。

  1. Android
  2. PS3
  3. iPhone、iPod、iPad
  4. 無線内蔵パソコンの方はらくらく導入ガイドを参照下さい。

スマートフォンやタブレットでWi-Fiを繋いでみる

Androidスマートフォンとタブレットの方は、まず3G通信を切ってしまいます。タブレットの方は無い場合もあります。設定から無線とネットワークを開きモバイルネットワーク設定を開いてデータ通信を有効にするのチェックを外します。

次に設定から無線とネットワークに戻って図と同じように表示にあります002687XXXXXXから始まるSSID名をタッチします。

AndroidSSID選択

パスワードはこちらのキーをパスワードに入力しますそうすれば繋がります。

説明は以上です。

iOS(iPod iPad Iphone)

iOSをWi-Fiで繋ぐ場合はまずモバイルデータ通信を切ってしまってください。iPhoneを参考

スポンサーリンク

Wi-Fiメニューをタッチします。Wi-Fiは必ずオンとしてください。SSIDは002687XXXXXXのものををタッチ。次にこちらで確認した本体貼り付けのキーをパスワードに入力すれば繋がります。

iosのSSID選択画面

説明は以上です。

PS3

PS3を無線LANに繋ぐ場合ネットワーク設定からインターネット接続を選んでカスタムから無線を選んで頂いて、検索するを選びます。

利用するアクセスポイントは冒頭案内しました002687XXXXXXから始まるSSID名です。

PS3のSSID選択画面

キーはここで説明したファーストキーを入力します。以上で繋がります。

説明は以上です。

もしも繋がらない場合

まず始めに念の為インターネット自体に繋がっているのかを確認して下さい。本体のインターネットランプが点灯していれば問題ありません。もし消灯している場合はフレッツならPPPoE接続設定を作成してください。CATVインターネットの場合はCATVモデムの電源を20分切ってからCATVモデムの電源をONで機器情報登録更新を行うとインターネットランプが点灯すると思いますのでご確認下さい。

CG-WLR300NX接続確認ランプ

有線LANは繋がるが無線LANが繋がりにくい場合の対策方法の説明です。まずルータの設定画面を開きます。CG-WLR300NX ポート開放を参照。

設定メニューのLAN側設定を開いて無線アクセスポイント設定を開きます。その中にある802.11n/g/b/設定を開いて下さい。

CG-WLR300NX無線動作変更メニュー

次のモードを「802.11n/b/g」から「802.11b/g」へ変更してみてください。これは最大通信速度54Mbps(802.11g接続時)となってしまうのですがWi-FiALLIANCE規格標準なので安定すると思います。後はチャンネルが自動設定となっていますのでこれを11辺りに変更を加えるのも良いと思います。変更を加えたら設定を選んで保存です。

CG-WLR300NX無線チャンネル動作モード変更項目

その他の設定

設定説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする