Echo Dot 設定・初期化 スマートリモコン・Fire TV・Wi-Fiルーター接続方法の説明

スポンサーリンク

アマゾンEcho Dot AIスピーカー

ブラックフライデーキャーンペーンで大幅値引きされていたので一台買ってレポートをさせていただきましたので、なにか参考になれば幸いです。

ご覧の通り「Echo Dot」にはスイッチしかありません、一体どうやって設定するのか(特に難しくは無いのですが)説明させて頂きます

余談ではありますが、ライターを置いて実物の大きさを把握できるようにしています。

Echo Dot 大きさ

Echo Dotが入っていた化粧箱。故障で送り返す時に必要なので一応保存しておきましょう。

Echo Dot 設定に必要なもの

アマゾンのAIスピーカー「Echo Dot」を設定するにはWi-Fiに繋いでいるスマートフォンが必要になります。

ただし、自宅で「Amazon Fire TV Stick」を運用している場合、近くで「Echo Dot」の電源を入れると勝手に設定が同期されるようで、何もしないで設定が完了してしまいます。

こちらが初めて「Echo Dot」を起動したのに勝手にセットアップが完了した時の動画です。

何故セットアップが終わったのか(無線LANの暗号化キーも入れていないのに)?悩んでいたら近くに「Amazon Fire TV Stick」があったのでそれと同期していました。

設定手順

まず「Echo Dot」にACアダプターを繋ぎ、ACアダプターをコンセントに差し込みます(起動には結構時間掛かります。)。

次に「Echo Dot」を設置するWi-Fiルーターに繋いだスマートフォンを用意して、Alexaアプリをセットアップしてログインしておいてください。

「Echo Dot」が起動したら(HELLOと表示されている状態で)以下の動画と同じ手順でデバイス追加設定するだけです。

1-Alexaアプリの「その他」(下段)をタップし「デバイスを追加」をタップします。

2-Amazon Echoをタップ。

3-Echo、Echo Dot、Echo Plusなどをタップ。

4-Echo本体がオレンジ色に点灯しているか確認して「はい」をタップ。

5-検出したAIスピーカー名「Echo~」をタップ。

6-Echoが喋りだしたら設定完了。以下の画面は次へをタップして、AIスピーカーのレクチャーを聴くか等をして設定完了です。

Echo Dotを再設定するには

Wi-Fiルーターを変更したい場合は次の様に、Echo本体のアクションボタンを6秒長押しする事で、再セットアップする事ができます。

アクションボタンの位置。

Echo Dotをリセットするには

誰かにさしあげたり転売したりや不具合が生じた場合はリセットします。リセット方法はアクションボタンを20秒長押しします。

スマートホーム・リモコンをEcho Dotと接続する方法

スイッチボットやスマートホーム・リモコンと「Echo Dot」を繋ぐ方法はとても簡単なアカウント紐づけ方法とアプリから設定する方法の2種類あります。

例えば「eRemoteHomeLinkのAlexa設定ページ)/スイッチボット(設定説明ページ)」であればアプリから設定しなければならないし、SMART・Life系はアカウント紐づけるだけで接続できAlexa音声コントロールが可能になります。

注意、スマートホームリモコンがAlexaに対応している必要があります。非対応の製品は接続できません(Echo Dotで音声コントロールできない)。
スマートホームはアマゾンのホームページから連携を有効にするだけです。以下のページを開いて「アマゾン・スマート・ライフ」有効にするをクリックまたはタップしてスマートライフアカウントログインするだけ
「Echo Dot」またはAlexaでコントロールしたいサービスページを開いて「有効」をクリックまたはタップして該当サービスのアカウントにログインするだけ。
その他のスマートホームリモコン一覧ページを御覧ください。
https://www.akakagemaru.info/port/eremote-wifi.html#SMART_HOME

Wi-Fiルーターを繋ぐ方法

「Echo Dot」またはAlexaにWi-Fiルーターを繋ぐメリットとしては、WPS方式限定ですが「アレクサ!マイルーター デバイス追加」と話しかけるとWPS設定を開始してくれます、話しかけた後は端末側のWPS操作をするだけでWi-Fiルーターに繋いでオンライン接続させる事ができるようになります

その他、Wi-Fiパスワードは教えてくれませんが、guest用のSSID設定を作ってくれてその際Wi-Fiパスワードも通知してくれるサービスもあります

ただし、どのルーターも繋がると言うわけでは無く、AIスピーカー対応ルーターじゃないと「Echo Dot」と繋ぐことができません

Alexaで音声操作できるルーターの設定内容

AlexaでWi-Fiルーターの音声操作できる内容は次の通り

  1. ゲストネットワークの作成(Wi-Fi接続設定を時間限定で作成)
  2. ゲームモード(オンラインゲームを優先する)
  3. メディアモード(ネットTV視聴優先する)
  4. インターネットの停止や再接続
  5. ルーターの再起動(ネットの不安定を解消する)
  6. ファームウェアのアップデート

AUSU・Wi-FiルーターとAlexaの繋ぎ方

スマートフォン必須で、ASSUルーターアプリが必要です。

まずAUSUのアカウントが必要になります、お持ちでない場合はユーザー登録してください。

まず設定からAlexaで接続をタップします。

Alexa・スキルをタップ。

AUSUS・IDをタップ。GoogleやフェイスブックIDでも構わないと思いますが、万が一漏洩してしまったら大変なので余り横紐づけの無いIDでAlexaに接続するのが望ましいと思います。

私はASUS・IDでサインインをチョイスしました。

しばらく待ちます。

許可をタップ。

次にアマゾンのアカウントにログインします。

許可をタップ。

しばらく待ちます。

AlexaとASUSWi-Fiルーターの接続が完了しました。「アレクサ・マイ・ルーター」と話しかければ音声コントロールが可能になります。

TP-Link・Wi-FiルーターとAlexaの繋ぎ方

TP-LinkのWi-Fiルーターもスマートフォンアプリが必須です。パソコンから設定することができません。

すでにバインド済であればこの作業は必要ありませんが、初めてTP-Linkアプリ「Tether」を使う場合はバインド(アプリ画面でバインドするをタップするだけ紐付け)操作が必要です。

まずTP-LinkルーターにスマホのWi-Fiを繋いでください。Wi-Fiルーター本体裏面のQRコードで繋ぐことができます。

次にTP-Linkアプリ「Tether」を開いてログインします。ログインパスワードはルーターの設定画面「http://192.168.0.1」を開いた時に入力するログインパスワードです。

初めてTP-Linkアプリ「Tether」にログインした場合はWi-Fiルーターとバインド(TP-Linkアカウントに紐づけ、確認のポップアップ画面が出るので「はい」をタップするだけ)を行ってください。

次にスマホのAlexaアプリを開き右下「その他」を開いて「デバイスを追加」をタップ。

デバイス一覧から「ルーター」をタップ。

次へ

次へ(ルーターを取り付けるとは、ネットワークに接続すると言う意味です。)

次へ

次へ

有効にして使用するをタップ。

TP-Linkアプリで使用したIDとパスワードを入力し「ログイン」をタップ。

承認をタップ。

閉じるをタップ。

しばらく待ちます。

デバイスをセットアップをタップ。

追加するデバイス名が表示されます。完了をタップするとルーターを音声コントロールする事ができるようになります。音声コントロールするには「アレクサ、ティーピーリンクを開いて~」と話しかけるとルーターの設定をコントロールする事ができるようになります。

TP-LinkのWi-FiルーターをAlexaによる音声コントロール一例

Fire TV Stickを「Echo Dot」に繋げる方法

アマゾンのプライムビデオを視聴できるFire TV StickをEcho Dotに繋いで音声コントロールする事もできるようになります

必要なのは、スマホとAlexaアプリですのでご用意ください

まず右下のその他をタップしてデバイスの追加をタップ。

テレビをタップ。

Fire・TVをタップ。

「Alexaデバイスをリンク」をタップ。

~さんのFire・TVや~さんのFire・TV・Stickが表示されますので音声コントロールしたいFire・TVをタップしてチェックを入れ「次へ」。

Echo Dot」と繋ぐのでタップしてチェックを入れデバイスを接続」をタップ。

~さんのFire・TVが~さんの「Echo Dot」に接続済で設定完了です。

「Echo Dot」でFire・TVを音声コントロールする例

「アレクサ、プライムビデオを開いて」や「アレクサ、君の名はを再生して」等リモコンを操作しなくとも映像コンテンツやアマゾンミュージックを楽しむことができるようになります。

説明は以上です、なにか「Echo Dot」と繋ぎたいけどやり方がわからない場合は、コメント欄にご質問いただければお調べ致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました