AVG アプリケーションルールを追加する説明

AVG (AVG Internet Security)ファイヤーウォールにアプリケーションルールを追加する手順の説明です。

備考:AVG無料版には現在ファイヤーウォールは搭載されていませんが、将来的に搭載された場合はこちらを確認してアプリケーションルールに通信が出来なくなったアプリケーションルールを作成する事によりトラブルを改善させる事が出来ると思います。

AVGアプリケーションルール追加の説明

Widnows右下のAVGアイコンをダブルクリックすると以下のメインメニューが表示されます。ツールからファイアウォール設定を開きます

次のファイアウォールの詳細な設定画面が表示されるのでアプリケーションを選択して追加ボタンを選択します。

スポンサーリンク

以下の画面に切り替わるのでパスの横にあるボタンを選択します。(パスとはアプリケーションが存在する場所の意味です。)

通信を許可させたいアプリケーション名を選択して開くを選んでください

パス名とアプリケーションファイル名が自動的に登録されます。左下のアプリケーションアクション項目からかならず全て許可となっているかを確認してください。

適用からOKを選んで作業完了になります。

上記設定を行っても通信に改善がない場合は一時的にファイアウォールを停止する場合をご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする