Avira ファイヤーウォール設定

Avira Premium Security Suiteファイヤーウォールの設定解除方法等の説明です。

Avira Premium Security Suiteには高性能なトラフィックを監視できるファイアウォールが付属しますが、無料版とプレミアム版には搭載されておりません。

Avira Premium Security Suiteファイアウォールの動作説明

まず基本的にアウトバウンド、インバウンド関わらずインターネット通信対応のアプリケーションを起動すると以下の様に確認を求めてきます。

以下のサンプルはANHTTPDを起動してみた際の状態です。

Allow(通信の許可)、Deny(通信の拒否)何れかのボタンを選択して通信可否を決めるサービスになります

ポート開放するサービスアプリケーションを使う場合、以下の画面が表示されたら必ずAllow(通信の許可)を選んでください。こちらの作業のみでファイヤーウォールの設定は完了になります。

スポンサーリンク

ローカル側でファイル共有などトラブルが発生する場合

ローカルエリア内でLAN間通信がでいない、PSPやプレイステーション3、任天堂DSにWiiの通信がUSB無線wifiアダプタ経由でオンラインに繋がらない場合は次の設定に切り替えてください。

Aviraメニューのローカルプロテクション(Local protection)からFirewallを開きます。

図の簡易ファイアウォールルール設定画面が開くので、レベルバーをLOWに切り替えてコンピュータを再起動し通信改善しないかを確認下さい。

引き続きアプリケーションルールの追加説明をご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする