GW-MF54G2 ポート開放の説明

無線LANに特化した、小型コンパクト無線ルータ(ブリッジモード対応)でのポートを開放する説明です。

注)一般的によくあるフレッツ光プレミアムやYAHOOBBADSL、フレッツIP電話利用環境下ではルータモードではなくアクセスポイントモード(ブリッジモード)で動作使用頂いて、GW-MF54G2と繋がっているモデム兼ルータにポート開放設定を行う必要があります。

GW-MF54G2設定手順の説明

まずパソコンから設定画面を表示下さい。

プレイステーション3からも設定は可能です。

http://192.168.1.1/ のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押すとログイン画面が表示されます。

ユーザー名に admin

パスワード 空欄(何も入力しません)

を入力しOKをクリック。

スポンサーリンク

設定画面が表示されたら、メニュー上のモードからルータモード右横の設定ボタンを選択してください

表示されたメニューバーチャルサーバ設定のSetupボタンを選択下さい。

以下のバーチャルサーバにポート開放情報を入力します。

スポンサーリンク

まず一番上の項目有効に必ずチェックを入れてください。

サーバ一般的なWEBサーバ等の場合は▼ボタンのプルダウンメニューから選択しますが、任意のポートは空欄にしてください。

ローカルIPアドレス開放する機器のIPアドレス 例:192.168.1.2

ポート番号範囲開放するポート番号を入力します。 例えば443を開きたい場合はした図の様に入力下さい。

Description上のサーバ項目を空欄(任意の番号を開く方)は、英文字で任意の名称を入力します。例ps

入力出来ましたら保存ボタンを選択して作業完了

広範囲に指定する場合、且つUDPとTCP両方のプロトコルを指定する場合

例:TCP UDP 両方 番号は80から5739までを全て開く場合の設定です。

プロトコルをBothとする事で、両方のプロトコルを指定できます。

範囲には、80-5739とする事で全て開放指定する事が出来ます。

入力出来ましたら保存ボタンを選択して作業完了

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする