SBG6580 ポート開放

モトローラ製品SBG6580CATVインターネットJCOM又はZAQ利用時に設置される無線有線対応ブロードバンドルータのポート開放手順の説明です。このモデルはルータモードとブリッジモード(インターネットへ直接接続モード)何れかで動作していると思うのですが、ブリッジモードでは通常ポート開放する必要はありません。

例えば、リモートアクセスをしようとしても外部からアクセスすることが出来ない場合や、自宅内に設置しているNASへのアクセスが出来ないなどの場合は、ルータモード動作なのでポート開放する必要がある方はご参照頂ければ外部アクセスが可能となると思います。

SBG6580(英語PDFファイル)の特徴と致しましては、WAN/LANは1000/100/10Mbpsに対応し、無線LANはIEEE802.11b/g(2.4GHz)とIEEE802.11n(5GHz)に対応。Wi-Fi設定をWPSボタンで簡単に行うことが出来るとのこと。マニュアル等はケーブルインターネット事業者より配布はありません。

スポンサーリンク

ルータの設定画面を表示するには

パソコンからもPS3(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法)からも設定可能です。スマホの場合少し画面違いますが、同手順で設定画面を開くことが可能です。http://192.168.0.1/このアドレスを開きます。ログイン画面が出ますので下記情報でログインして設定画面を開くことができます。もしもエラーで開くことが出来ない場合、IPアドレスを192.168.100.2とサブネットマスクを255.255.255.0に固定して(後から必ず自動取得へと元に戻して下さい)、http://192.168.100.1/へアクセスしてみて下さい。この場合ブリッジモードですのでポート開放する必要はありません。

ユーザー名:admin

パスワード:motorola

ここからポート開放設定の説明です。無線設定の方はこちらからご覧ください。

準備 IPアドレスを固定する

まずポート開放の説明です。設定するクライアント(パソコンやPS3など)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.0.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

優先DNS:192.168.0.1

代替DNS:空欄

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

ポート開放を行う

設定画面が開いたら、上のアドバンスドメニューを開きます。英文字メニューならAdvancedメニューです。

左メニューにあるポート転送、又は英語メニューならforwardingを開きます。

以下の項目に必要な情報を入力して設定を追加します。

スポンサーリンク

  1. IPアドレス、192.168.0.50に固定しているなら50を指定します
  2. 開始又はスタートポート、ポート開放したい番号。例、80等
  3. 終了又はエンドポート、これも同様に上の項目と同じ番号です。範囲指定することも可能です。例、80
  4. プロトコル、TCP又はUDPまたはその両方Bothを指定出来ます。
  5. Enabled又は有効、必ずチェックを入れます。
  6. Apply又は適用ボタンを最後にクリックして設定を保存します。

以上で作業完了になります。

WEBサーバポート開放設定例

設定例としましてWEBサーバのポート開放設定をご覧ください。ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要で80番ポートや他の動作ポートに変更してチェックを行うことが可能です。

  1. IPアドレス、192.168.0.50に固定しているなら50を指定します
  2. 開始又はスタートポート、80
  3. 終了又はエンドポート、80
  4. プロトコル、TCP
  5. Enabled又は有効、必ずチェックを入れます。
  6. Apply又は適用ボタンを最後にクリックして設定を保存します。

以上で設定作業は完了です。

その他のポート開放設定例

minecraftのサーバ設定例。

  1. IPアドレス、192.168.0.50に固定しているなら50を指定します
  2. 開始又はスタートポート、25565
  3. 終了又はエンドポート、25565
  4. プロトコル、TCP
  5. Enabled又は有効、必ずチェックを入れます。
  6. Apply又は適用ボタンを最後にクリックして設定を保存します。

範囲又は連続するポート番号の設定例です。FTPサーバで20/21番の設定を以下のように一つにすることが出来ます。FTPサーバはBJDなら簡単に稼働することが出来ます。

  1. IPアドレス、192.168.0.50に固定しているなら50を指定します
  2. 開始又はスタートポート、20
  3. 終了又はエンドポート、21
  4. プロトコル、TCP
  5. Enabled又は有効、必ずチェックを入れます。
  6. Apply又は適用ボタンを最後にクリックして設定を保存します。

ご質問の多いUDPポートの設定です。緋想天10800番で説明します。

  1. IPアドレス、192.168.0.50に固定しているなら50を指定します
  2. 開始又はスタートポート、10800
  3. 終了又はエンドポート、10800
  4. プロトコル、UDP
  5. Enabled又は有効、必ずチェックを入れます。
  6. Apply又は適用ボタンを最後にクリックして設定を保存します。

設定を追加出来ましたら、UDPポートチェックツールを取得して手動ポート10800と入力し回線チェックして下さい。

説明は以上です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする