iPhoneやiPodをWindows内蔵無線LANにアドホック接続してインターネットに繋ぐ方法

iOS製品はアドホック接続に標準対応するのでもし自宅に無線ブロードバンドルータが無くて例えばOSのアップデートで3G/4G通信のデータ転送容量が気になるので、データ転送容量を気にする必要がないパソコンのインターネットでアップデートしたい場合でパソコンに内蔵無線を搭載しているなら以下の手順で繋ぐことが出来るのでお試しください。

その前にWindows8.1の方はアドホック機能が削除されているので(マイクロソフト公式、Windows 8.1 にてワイヤレス アドホック ネットワークの接続が利用できない)このページの手順で行うことは出来ませんご了承の程お願い致します。。対象OSはWindows7/VISTA/XP(XPの説明はここでは省きます。端末が無いので説明できませんご了承願います。)となります。またパソコンに無線LANアダプタを搭載していて且つパソコンは有線LANケーブルでインターネットに繋いでいないとこの方法は使えないのでご了承願います。8/8.1の方は無料のCompare Connectify Liteで対応頂けると思いますのでご参考までに

パソコンに無線LANが内蔵されていることを確認するには、ネットワーク接続画面表示方法を参考に(Windows7)開いて頂いた画面の中にワイヤレスネットワークのアイコンがあればアドホック接続を利用する事が出来ます。

図と同じワイヤレスネットワークのアイコンがあれば利用できると思います。

ワイヤレスアダプターアイコン

備考、Androidスマートフォンとタブレットはアドホック接続に対応していません。

スポンサーリンク

準備

アドホック接続の準備を行います。備考、VISTAも同じ手順で可能です。

スタートからコントロールパネルを開きます。

Windows7スタートメニュー

インターネットとネットワークを開きます。

Windows7コントロールパネル

ネットワークと共有センターを開きます。

Windows7ネットワーク共有センター

表示された画面の真ん中辺りにあるメニュー「新しい接続またはネットワークをセットアップ」をクリックします。

新しい接続またはネットワークのセットアップ

接続オプションを選択しますの画面が出ます。下の方にスクロール頂くと「ワイヤレスアドホックネットワークを設定します」のメニューがあるのでクリックして選択して次へを選んでください。

アドホックネットワーク設定メニュー

アドホックネットワークのセットアップ確認画面はそのまま次へを選んでください。

adhock0010

次にネットワーク名と暗号化方式とパスワードを決めます。

ネットワーク名はSSID名としてiOS接続設定時に選択する名称になるので、好みの英数字で任意に決めてください。例、iphonessid。セキュリティの種類ですがWPAだとパスワードが何故か弾かれるので私はWEPで設定しました。WPAで試してパスワードが弾かれるならWEPでお試しください。セキュリティキーですがWEPなら5文字又は10文字で決めてください。WPA方式なら8文字以上64文字までの英数字でパスワードを決めてください。よくわからない場合は以下のサンプルを真似て設定頂ければ大丈夫です。

  • ネットワーク名 myiphone
  • セキュリティの種類WEPに変更
  • 123ab
  • このネットワークを保存しますにチェックを入れます。
  • 次へ

アドホック暗号化設定

何々のネットワークの使用準備が出来ましたと表示されます。下に「インターネット接続の共有を有効にします」をクリックしてください。それから閉じるを選んでください。これで準備完了です。

スポンサーリンク

ネットワーク設定準備完了画面その2

備考、もしもインターネット接続共有と言う文字がない場合は一度Xボタンで閉じてください。アドホック設定はできているのでやり直す必要はないのですがこのままだとIPアドレスをiOS端末に払い出し出来ないので次の設定を行ってください。

ネットワーク設定準備完了

元の画面に戻ると左上にアダプターの設定変更メニューがあるので開きます。

アダプターの設定変更

ローカルエリア接続メニューを右クリックしてプロパティをクリックするとローカルエリア接続のプロパティ画面が出ます。共有タブをクリックして「ネットワークの他のユーザーにこのコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」にチェックを入れてOKボタンで閉じます。これで準備完了です。

ローカルエリア接続アイコン

端末を繋ぐ

まずiPhoneやiPadの新しいOS7.1以降の方は、設定アイコンをタップしてWi-FiメニューをタップしてSSID一覧を表示させるのですが次の図を御覧ください。

iOS7.1のメニュー

SSID一覧の下の方にデバイスと言う項目があります。そこにWindowsに作成したアドホック接続用のSSIDがあるのでタップしてください。

アドホック接続用のSSID

それ以前の通常のiOSの方はiPod含めて以下の様にSSID一覧のメニューの中に表示されているのでタップしてください。

iPodのSSID検出一覧

後はアドホック設定時に決めたパスワードを入力すると繋がります。Wi-Fi設定を完了して直ぐにはIPアドレスが割当らないので少しだけお時間置くと繋がる様になると思うので設定が終わったら少しだけ待ってください。

iosパスワード入力画面

つながらない場合

もしも端末設定が正しく完了してiOS上に図の様に正しくSSIDが登録さているのにも関わらず繋がらない場合はこちらの共有接続を一度解除してOKボタンで閉じて一旦パソコンを再起動してサイド共有接続を有効に切り替えてみてください。何度かパソコン側の共有接続無効→有効に切り替えを行えば繋がるようになると思います。備考hamachi等のVPNツールを入れている場合は削除か無効にしてみてください。

Wi-Fi接続先SSID名

アドホックのパスワードを忘れた

アドホック接続のパスワードを忘れてしまった場合はこちらの共有センターまで開いて次の操作を行ってください。表示された画面の左側のメニュー「ワイヤレスネットワークの管理」メニューを開きます。

ワイヤレスネットワークの管理

作成したアドホック設定のSSIDが表示されているアイコンをダブルクリックします。プロパティ画面が表示されるので「セキュリティ」タブを開きます。そうするとネットワークセキュリティーキーの設定項目がありますのでそちらの方で暗号化キー(パスワード)を再設定してください。その上で改めてiOSのWi-Fi設定をやり直してください。

ワイヤレスネットワークのプロパティ

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yes より:

    つながらない場合の状況で何度かやればできるとありますが、そうやって何度もやればできるものなのですか?理屈がわかりません。
    数回やりましたがうまくいきません。

    • yes より:

      追記です
      ローカルエリア接続のところがネットワークケーブルが接続・・・となっています。

    • kagemaru より:

      LANアダプタが正常ではない場合は出来ないことはあります。LANアダプタが正常な状態であれば何度か共有を解除や有効にする事で繋がるようになります。