マカフィー 2009 ポート開放の説明

マカフィー2009のファイアウォール許可設定の説明です

マカフィーのパーソナルファイアウォールの設定を変更するにはまず設定画面を表示しなければなりません。以下のアイコンをダブルクリックで設定画面を表示します。

設定画面が表示されましたら、インターネットとネットワークメニューを選択し設定をクリックして下さい。

スポンサーリンク

以下の設定画面が表示されます。まず先にもしも任天堂DSやPSP等USBの無線LANをパソコンに取り付けてトラブルになる場合は以下のオフ設定を行って下さい。こうしないとオンラインコンテンツへの接続が制限されてしまいます。用事が終わればオンに戻してセキュリティを元に戻して下さい。

ここからマカフィーパーソナルファイアウォールの詳細設定説明です。

まず図の項目にある詳細設定をクリックして下さい。

アプリケーション指定のポート開放

まずプログラム単位でポート開放させる場合は図にある許可されたプログラムを追加ボタンを選択します。

ポートを開きたいプログラムやアプリケーションのインストール先や保存先のフォルダを開き、図の様にクリックして開くを選択するのみで作業完了です。アプリケーション指定でポート開放すればアプリケーション側で使うポートを何番に変更してもマカフィー側で通信停止されることはありません。

スポンサーリンク

以下の様に選択したアプリケーションが全てのアクセス許可となっていれば作業完了です。もしもいらなくなった設定は右下のプログラムの許可の削除でファイアウォール内に制限する事が出来ます。

個別ポートの開放

上と同じ設定項目で左メニューのシステムサービスメニューをクリックし、表示された個別ポート許可設定の追加ボタンをクリックします。

設定手順はまずシステムサービス名:任意の名称をつけます。

次に許可したいポート番号を追加します。

例えばTCPの17000番を許可したい場合、ローカルTCP/IPポートに17000を指定します。注意:ローカルポートUDP項目は空欄にします。

他UDPポート30000を許可させたい場合はローカルポートUDP項目に30000を入力します。注:この場合ローカルポートTCP/IP項目は空欄にします。

以下の様に入力したサービス名が表示されますので、必ずチェックを入れて適用をクリックしてOKボタンで画面を閉じて下さい。許可したポートを閉じてしまいたい場合は作成したものを削除かチェックを外せば閉じることが出来ます。

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする