ペアレンタルコントロール

無料ペアレンタルコントロール ファミリーセーフティー

マイクロソフトから次期新型OSに搭載されるペアレンタルコントロールを今のWindowsで利用できるサービスを試験的に提供開始。

近年インターネットと携帯電話による子供さんがトラブルに巻き込まれる事例が多数発生しております。インターネットはすばらしいサービスですが、使い方を一歩間違えると飛んでも無い事になりかねません。情報を正確に把握出来ないお子さんにはしっかりとしたインターネットや携帯電話の管理をお勧めします。このサービスを利用すると、お子さんに害の無いインターネットを利用させる事が出来ます。

ペアレンタルコントロール

スポンサーリンク

しかしながら子供に有害なサイトは以下の様にWEBサイトはブロックされます。

ペアレンタルコントロールブロック

上記のペアレントコントロールサービスは、マイクロソフトファミリーセーフティーと言うサービスから無料で提供されています。

利用するには、ホットメールのアカウントを取得すれば利用できます。

http://get.live.com/familysafety/windowsliveID

利用手順は以下の通りです。

  1. 管理するホットメールアカウントを登録
  2. 子供さんのホットメールアカウントを取得
  3. ファミリーセーフティーページで管理者と規制する子供さんのIDを登録
  4. ファミリーセーフティーのツールをダウンロード

以上の手順で利用する事が出来ます。

ホットメールのIDが取得出来ましたらファミリーセーフティー申込 ページから管理者と子供さんのIDを登録

ペアレンタルコントロールツールをダウンロードして完了です。

上記のツールをWindowsにセットすると、インターネットを利用する際ログインしないと利用できなくなります。

ファミリーセーフティーログイン

管理者もしくは子供さんはそれぞれのIDとパスワードでログインしてパソコンを利用します

ペアレンタルコントロールを解除するにはWindows画面右下にある

ファミリーセーフティーアイコンをクリックして解除パスワードを入力する事で解除出来ます。

以下の様にメニューが表示されるので、使い終わるとサインアウト。

スポンサーリンク

トラブル何らかのトラブルで表示させたいページが存在する場合はソフトウェア無効から解除出来ます。

子供さんにお勧めの携帯電話コドモバイル

近年小学生のお子様でも携帯電話を持たせる家庭が急増しております。

しかしながら通常の携帯電話だと、先日もインターネット編で申し上げたように不適切な情報を遮蔽する事が難しいと言うのが現実です。

保護者がコンピュータを管理する様に、携帯電話も管理とは言いませんが不適切なコンテンツを遮蔽出来るものがあると安心ですよね。

ソフトバンクからリリースされているコドモバイルなら安心防犯ブザーや各種制限機能が付いていて安心して持たせることが出来ます。

ソフトバンクのコドモバイルの特徴

  • 防犯ブザーと登録連絡先に緊急ダイヤル機能、位置情報メール送信機能付き

お子様の身になにかあったとき、付属のノブを引き抜くだけで、100デシベルの大音量が鳴り響き、同時に防犯ランプが点灯する機能です。その後連動機能として、“緊急の電話です”というメッセージが流れた後で、TVコール、もしくは音声電話があらかじめ登録してある宛先につながります。設定によっては、同時に位置情報つきメールも、同じくあらかじめ登録してある宛先にSOS送信し、お子さんの身の安全を確保することが出来ます。

  • 制限機能

電話やメールの発信、送信先を制限することができます。これによって家族専用電話にすることも可能です。また着信に関しても同様に、アドレス帳登録者からの着信のみ受け付ける設定も可能です。

そのほか、1ヶ月の発信通話時間、メール送信件数、パケット通信量を制限する、お子さまが使う時間帯を制限する、インターネットへのアクセスを禁止、もしくはペアレンタルコントロールと同様に制限する、携帯電話のコンテンツの使用を禁止するなど、多種にわたる制限をきめ細かに設定する事が出来ます。

肝心の料金ですが月額980円(税込)の基本使用料で、ソフトバンク同士なら1時~21時は通話し放題※1というシンプルさと安さが話題の新料金プラン。さらに「Wホワイト」(月額980円(税込))を追加すれば、ソフトバンク同士の21時から1時までの通話とソフトバンク携帯電話以外との通話(終日)が半額になります。

お子様の不適切情報を遮蔽する事が出来、万が一の場合子供様の居場所も特定出来るお勧めの携帯電話です。インターネット同様セキュリティには最新の監視下の元で利用させるようにお願い申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする