RT-A300NE WEPキー確認方法

RT-A300NEのWEPキー確認手順

RT-A300NEがサポートする無線LAN方式は、IEEE802.11b/g/aとなります。パソコンの無線アダプタがこの通信モードに対応しているかを確認下さい。備考、無線LANカードが内蔵されていないとこの本体でWi-Fi無線接続を行うことが出来ません。詳しくはNTTさんの方でご確認下さい。

WEPキーは本体で確認します

RT-A300NE本体の以下の箇所にMACアドレスが記載されています。本体記載MACアドレスZを付加する事によってWEPキーとする事が出来るのですが、無線検索時に表示されるSSID番号によって暗号化方式が異なるのでご注意ください。

暗号化キーの例

本体記載のMACアドレスが例えば、11:AA:33:CC:55:00と記載ある場合、WEPキーまたはPSKは”Z”を付けこわえたものになります。

11AA33CC5500Z

本体に記載されている箇所は以下の図の場所にSSID情報とWEPキーが記載されています。

SSID番号によって異なる暗号化方式

スポンサーリンク

RT-A300NEには予めSSIDが4つ設定されています。無線接続フィーザードを行うと4つ同じような無線機が検出されます。どれを選ぶのかは内蔵しているパソコンの無線暗号化方式によるのですが一番良いのはWEP128bit暗号化で通信出来るSSIDを選択すると良いと思います。

RT-A300NE SSID別暗号化方式説明

本体に記載あるSSIDは以下の通りになります。*****部分には本機によって個別の番号が割り当てとなります

SSID-1(初期値): PRA300NE-*****-1:WPA-PSK(TKIP)

SSID-2(初期値): PRA300NE-*****-2:WEP(128bit)

SSID-3(初期値): PRA300NE-*****-3:WPA-PSK(TKIP)

SSID-4(初期値): PRA300NE-*****-4:WPA-PSK(TKIP)

SSID-2番以外は、WPA-PSK(TKIP)となるので、パソコンの無線LAN設定ウィーザードで検出した無線機を選ぶ場合はRT-A300NE-*****-2を選んで、暗号化方式はWEP128bitを指定し設定すると上手くインターネットに無線LANで繋ぐことが出来るようになると思います。

パソコン以外で家庭用ゲーム機で無線を利用する場合はらくらく無線設定を使います。上作業は必要ありません

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする