RT-A300NE Wake on Lan 設定説明

RT-A300NE関連メニュー一覧

RT-A300NE WOL

RT-A300NEのあるネットワークにインターネット側外部からパソコンの電源を投入を行うことができるようする設定です説明です。以下説明にある外部中継機能を行うことで静的IPマスカレード設定を行う必要はありません。

WOL関連のソフトウェア等使い方に関しましてはWOL Wake on LANの設定とソフトウェアの使い方を参照ください。

スポンサーリンク

WOL設定の準備

WOLを行うパソコンの方は特に設定不要です。ルータへの設定のみでブロードキャストさせる事が可能になります。

まずRT-A300NEの設定画面を表示します。RT-A300NE ポート開放の説明を参照

スポンサーリンク

設定画面が開いたら、詳細設定から高度な設定を開きます

高度な設定項目の画面中程にあるWAN→LAN中継設定を変更します。

WAN→LAN中継機能、使用するにチェックを入れます。

接続先:アクティブな接続先番号を指定します。

UDPポート番号:デフォルト7779

以上で設定完了になります。ページ一番したの設定ボタンからルータの保存ボタンを選択して設定完了です。

尚、自宅内同一グローバルIPアドレスからWOLを試す事は出来ません。もし試すのであればRCGATE(RCGATEのポート番号を7779に変更設定必要)等のソフトを使って携帯電話から試してみる等の方法が必要になります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする