RT-200KI 任天堂Wii/Uのポート開放

RT-200KIへ無線LAN又は、Wii有線LANアダプタで接続している環境でポートを開放する際の設定手順説明です

もしも別途、バッファローやコレガ、Aterm等の無線機器を接続している場合は、以下の方法を参照しても正しく設定を完了することが出来ません。該当するユーザー様は追加している無線機器名を確認の上、ルータ設定BBSへご連絡頂けましたら改善の案内をさせて頂きます。

設定手順の説明

まずWii/WiiUのMACアドレスを確認してお控え下さい。無線の方はWI-FI側を控えて下さい。次にパソコンからRT-200KIの設定画面を表示します。

ルータ設定メニューからDHCP設定メニューをクリックします。
注)WEBCASTERの方はルータ設定ではなくカスタム設定メニューになります。

スポンサーリンク

表示された画面の固定IPで使用する端末の情報設定項目に作業します。

IPアドレスは:Wiiへ割り当てるIPアドレスを入力します。 192.168.1.10で設定してみましょう

MACアドレス:冒頭確認頂いたWiiのマックアドレスを入力します。

※マックアドレスを入力する場合ハイフン(-)をコロン(:)に変更して入力します。

スポンサーリンク

マックアドレス入力例

11-22-33-44-55-66だとすると 11:22:33:44:55:66と入力します。

入力出来ましたら、以下の番号順にクリックして設定を反映させます。

ルータにWiiのポート開放を行う説明

備考:

RT-200KIのNAPT設定で、UDPポートを一括で全て開く設定を作成する事が出来ません。ファームウェアルールにより広範囲してい可能なのは16番以内とされている為です。例えば、0から範囲指定可能なのは15番までとなり0-66535と指定するとエラーが表示され設定することが出来ません。

よって、このルータの場合DMZサービスを使ってWiiのポートを全開にする他方法が無い旨ご了承願います。

もしも、他の機器がポート閉鎖してしまうトラブルがある場合、Wiiを利用しない際はDMZ設定を空欄にしていただく事でトラブルを回避することが出来ます。

ルータ設定からNAPT設定メニューをクリックします。

表示された画面の簡易DMZ IPアドレスに上記で設定した192.168.1.10と入力し、確認→送信→反映でルータを再起動すれば作業完了です。

注)WEBCASTERの方はルータ設定ではなくカスタム設定メニューになります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする