3DSマルチプレイのエラーコード006-0612の原因を確認する

3DSのインターネット接続機能を使ってオンラインゲームをしようとしても、エラーコード006-0612が表示されてフレンドと遊べない問題が生じている場合は、ご契約のインターネットに問題があるかもしれないのでそちらの確認手順と対策方法を説明致します。

そもそもこのエラー006-0612の意味は?(リンク先は米任天堂公式FAQサイトです。)

このエラーは任天堂のマッチングサーバが使う通信がファイヤーウォール(データ通信の通り道を制限する表現です。交通ルールの様なもの)と言うセキュリティによって使えない事が原因との事。後は任天堂のFAQページ下の方には繋いでいるブロードバンドルータの割り当てIPアドレス範囲内で静的IPアドレスに設定するとエラーを回避させる事が出来ることを記載しています。IPアドレスって何?と聞きなれない言葉が出てきますが、これは簡単に言うと電話番号みたいなものです。ルータと3DSが通信する時に3DSの電話番号を決めて置くとマルチプレイでエラーが出なくなるかもしれないと言う事になります。IPアドレスを固定して対応してみたい方は、3DS IPアドレスの固定説明を参考に設定してください。

データ通信の通り道を制限する交通ルールとは?ちょっと言葉は難しいのですがプライベートIPアドレス契約と申しまして、インターネットは基本的にグローバルIPアドレスを取得して通信を行うことが出来るように設計されていて、プライベートIPアドレス環境では本来インターネットに繋ぎに行くことは不可能なんです。それを可能にしているのがアドレス変換と言うサービスで、わかりやすい部分ではブロードバンドルータがアドレス変換作業をしてプライベートIPアドレスでもインターネットに繋ぐことを可能としているわけです。ところがプライベートIPアドレス契約の方は肝心のグローバルIPアドレスをコントロールする権限が無く、契約先会社が決めた通信ルールに基づいてインターネットを利用する形になります。

それでは一体どうすれば良いのかと言うことなのですがとりあえずまずご契約されているインターネットサービス名の確認手順を説明しますので、それから分かる範囲でエラーを治す手順(ポート開放は出来ないので契約内容の変更などで対応)を説明します。少し料金負担となるかもしれないのですがどうしてもマルチプレイしたい場合はご検討の程宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

ホスト名確認とエラーの対策方法

確認頂いたホスト名のページに概ね説明しているのですが、図を用いて説明します。まずぷららさんご利用の方でしたらぷららポート開放を行って頂ければ同エラーをすぐに治ります。判断するにはホスト名確認ページに表示される後ろの青い線を引いいているドメイン名と言う文字で契約内容を確認できます。

サンプルとして私の契約しているeo光のホスト名を見ていただいているのですが、後ろのドメイン名がeonet.ne.jpと言う表示だと言うことを確認頂けると思います。以下の様に表示されれば自分はeo光を契約しているんだなと把握出来ます。

  • それでは皆さんの契約プロバイダを確認してみましょう。ホスト名確認

表示されたホスト名の後ろから3つ目までの文字で何処のプロバイダ契約なのか判断出来ます。後ろから2つ目までの文字ne.jpやor.jpやco.jpは一定的に共通で、その手前の部分で契約インターネットサービス名を確認頂くことが出来ます。

例えばぷららさんご契約の方なら以下の様に確認できます。i***-188-240-11.s42.a028.ap.plala.or.jpこんな感じで表示されます。後ろの赤い文字のドメイン名部分..plala.or.jpが一致するならぷららポート開放(ADLS回線除く、フレッツ光の方のみ該当です。)を行うことで006-0612のエラーを治す事が出来ます。

その他、有料プランやコース変更が必要な事例。

例1、canvas.ne.jpは学生マンションなどに多く提供のあるNTTさんのDoCANVASです。オプションのグローバルIPアドレス申し込みより加入しPPPoE接続させる必要があります。この場合PPPoE対応無線ブロードバンドルータ(何処でも良い)も別途必要になります。

スポンサーリンク

例2、WiMAXさんuqwimax.jpですが9月上旬まではグローバルIPアドレス割り当てだったのですが、順次プライベートIPアドレス割り当てと切り替えられてしまいました。詳しくはWiMAXモバイルルータ一覧をご覧ください。後、シェアリーWiMAXは別プロバイダ位置づけなので、オプショングローバルIPアドレスを契約することは出来ません。シェアリープロバイダの方はDOCOMOかauさんに乗り換え頂く必要があります。

例3、沖縄ケーブルテレビnirai.ne.jpはコースによってグローバルIPアドレスを割り当てすることが出来ます。プレミアムグローバルIPアドレスコースプラチナ120グローバルコースではないとマルチプレイエラーを改善することが出来ません。

その他沢山あるのですが、概ねホスト名確認のページ(こちら)に問題のあるインターネット契約のドメイン名と会社名記載させて頂いてます。また契約会社名とコース名分かるのであればポート開放とNATタイプ変更出来無いインターネットを参考にコース変更やオプション申し込みで対応お願い致します。

例外

例えばocn.ne.jpと言うドメイン名なのに3DSのマルチプレイでエラーになりますと言う不思議な現象があると思うのですが、これはマンションやアパートへ個別に提供している法人向けプライベートIPアドレス提供のインターネット(例、BBMネット)ですので、最初から入居したマンションやアパートそれに社宅や大学の寮に備え付けのインターネットでドメイン名がocn.ne.jpやmesh.ad.jpやsoftbank.co.jp等のメジャーなプロバイダだったとしても以下の様な形で通信制限されているので006-0612のエラーを治す事は出来ません。

法人向けプライベートIPアドレス環境では上記の様なLAN構成になりますので、管理ルータで対応は物理的に可能ではあるのですが、入居者同士の端末でLANで繋がってしまう等のセキュリティ面を考慮する必要があるので

例外2 ルータによる問題

次のブロードバンドルータは内蔵するセキュリティによってエラーが出ることがあります。

フレッツ光プレミアムのCTUルータが自宅に有る場合は以下の設定を制限なしに変更して下さい。

古いIOデータ製品のブロードバンドルータがご自宅に有る場合はSPIファイアウォールを無効化にすると同エラーを治す事ができると思います。

バッファローブロードバンドルータで高速アドレス変換サービスを搭載するモデルをご利用の場合それを無効化にしてください。

簡単ですが説明は以上です。いろいろ専門用語が並んでいて分り辛い場合は気軽にBBSへご質問ください。またどうしても出来ない方はNTTさんのフレッツ光をご契約頂ければリモートサポートで簡単に難しい通信の設定をやってくれるのでインターネット乗り換えがお勧めだと思います。

備考、DOCOMOやauそれにソフトバンクのスマートフォンをお持ちならテザリングで繋ぐのもありです。7GB通信制限や300万パケット制限があると言うことなのですがオンラインゲームで7GBもの通信容量は24時間一ヶ月続けたら規制値7GBを突破するかもしれないのですが、基本的に位置情報の交換のみになるので然程データ通信容量は多くないです。チャットすると一文字2バイト程度ですので1000文字チャットで表示されたとしても通信容量はわずか2kbです。ファンタジースターオンラインパソコン版でスマートフォンにテザリングで繋いでデータ通信容量を計算されている方が居るのでそちらも参考になると思います。ネットワークゲーム(PSO2)のテザリング時の通信量を確認してみた

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする