IEEE802.11ax 次世代無線LAN通信規格について 電波の強さやメリットなど

IEEE802.11ax 主な特徴

これから主流になるであろう次世代無線LAN通信規格「IEEE802.11ax」についてメモさせて頂きます。

IEEE802.11axは対象周波数1~7.125GHzまで全てのISM帯域で動作するように設計され、既存の5GHzと2.4GHz両方の帯域に互換性をもたせた次世代通信方式、2017年~2018年主流だったIEEE802.11ac(5GHz帯のみサポート)の改良規格で最大の特徴は9.6Gbps(理論値)と言う圧倒的な高速接続速度

5GHzと2.4GHz帯それぞれ互換性を持つと言うことは既存の802.11acはもちろんa/n/g/bとも接続させることを可能としている

MU-MIMOの仕様は、IEEE 802.11ac規格と基本的には変わらず、エクスプリシット・ビームフォーミングも引き続きサポートする。ただし、11acが最大4ユーザーまでの同時接続だったのに対し、11axでは同時接続が8ユーザーまでに拡張される

詳細な技術資料はシスコシステムズが公開している以下のページをご覧ください。

https://www.cisco.com/c/dam/global/ja_jp/products/collateral/wireless/white-paper-c11-740788.pdf

IEEE802.11axに対応する製品は?

IEEE802.11axを含むb/g/n/a/ac規格対応のWi-Fiルーターは2019年9月時点ではASUS製品の「RT-AX88U」のみ2019年末頃からバッファローやエレコムそれにAtermから順次発売される予定(発売され次第順次ご紹介いたします。)

肝心のクライアントは2019年9月時点ではリリースされていない。

クライアントと言うと、パソコンなら例えばUSB無線LANアダプターや家電で言うとテレビやプレイステーション・任天堂ゲーム機それにスマホ。

ルーターがIEEE802.11axに対応していてもその規格で繋ぐ事ができる端末が少ないのが実情です

唯一サムスン電子から発売されている「ギャラクシー S10+」のWi-Fi機能がIEEE802.11b/g/n/a/a/ac/axに対応していて理論値最大9.6Gbpsで繋ぐ事ができる環境を構築できると言う事になる。

スポンサーリンク

2019-80211ax-0904

パソコンやプレイステーションを802.11axで繋ぐには?

802.11axのWi-Fi接続速度は理論値最大9.6Gbpsだが、実質9.6Gbpsに対応するインターフェースが2019年時点では少なく

仮にUSB3.0/3.1対応の802.11ax無線LANアダプターがリリースされたとしてもインターフェース速度は5Gbpsとされているのでオーバーフロー

802.11axを無線LANイーサーネットコンバータさせても1000BASE-Tでは1Gbpsのトラフィック容量しか無いのでコンバート方法でもオーバーフローになってしまうことを考えると。

事実上端末内部に無線チップを内蔵させないと9.6Gbpsもの転送速度をもたせる事ができないと予想されます。

802.11axを導入するメリットは?

802.11axを導入するメリットは速度的な事では無いようです

IoT対応家電が今後増える事を見越してパケットの渋滞をなるべく発生させない事を目的としている様でスループット処理能力向上を重視した通信規格

メリット的には簡単な所で表現するとオンラインゲームのラグが大幅に低減する防犯カメラの映像が止まったり高速で早送りされたりせずにスムーズに映像を確認できるようになるネットTVの映像がぐるぐる回るアイコンで止まる事が少なくなる等

ただし、この環境を構築するには上でも述べたとおりWi-Fiルーターと端末側がIEEE802.11axにそれぞれ対応している必要があります

電波の強さは?

電波の強さは2.4GHzと5GHz帯デュアルバンド対応なのだが、基本的に電波の強さはWi-Fiルーター本体依存になるはずです

しかしながらビームフォーミングが進化していると予想されるので、対応クライアント(例、スマホ)は電波が届きにくくなる事は低減される可能性もあります。

ネットワークカメラや3DSそれにスマートフォンのネットワーク設定関連で当サイトを訪れていただいて、該当のページの通りに設定したけど通信が安定...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする