WZR2-G300N WZR-AGL300NH 暗号化キーの確認

WZR2-G300N WZR-AGL300NHバッファロー無線ブロードバンドルータにAOSS方式に対応しないスマートフォンやパソコンを無線で繋ぎたい場合(Wi-Fi接続)、暗号化キーをルータの設定画面から確認して、各種Wi-Fi設定を行う必要があります。そちらの確認手順の説明です。

ルータの設定画面を開く

まずパソコンを付属のLANケーブルを使ってルータと繋いで、ルータの設定画面を表示します。(WZR2-G300N WZR-AGL300NH ポート開放を参照)プレイステーション3から設定され得る場合は(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法を参照)バッファローの設定画面が開きましたら、AOSSメニューを開きます。

注意、自宅にスマートフォンやタブレットしか無い方は設定できません。パソコンのあるご自宅か会社にルータ本体だけ持って行ってインターネットにはつながりませんがそちらのご環境でルータの設定画面を開いて暗号化キーだけ確認して自宅に持って帰ってからWi-Fi設定してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

AOSS設定情報画面が表示されます。現在使用中と言う項目にあるSSID情報と、暗号化キー(パスワード)を控えてWi-Fi設定すればつながります。

補足、暗号化方式が合わない端末例えば少し古いアンドロイドスマートフォンやPSPそれに任天堂DSがWi-Fi設定時エラーになってつながらない場合はWEP暗号化方式を有効にして、そちらの情報で繋いでください。WEPならどの端末も繋ぐことが出来ると思います。

WEP専用SSIDの暗号化レベル停止からWEP64に変更しページ下の設定ボタンを一度クリックしてルータを再起動させてください。その上で、画面下の方にある暗号化レベルWEP64にあるSSID名を控えて、暗号化キー一段目にある10文字のパスワードを控えて設定して頂くことが出来るようになります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする