Windows 8/8.1 LAN関連操作説明(コントロールパネルの開き方含む基本操作)

GUIが簡素化されたWindows8での、ネットワーク関連を作業設定する際に必要な操作の説明です。余計なユーティリティや無線LANドライバー等の削除も必要な場合もありますのでソフトウェアアンインストール手順の説明なども入ってますがご了承願います。備考、タブレットの場合右クリックはないので、長タッチで右クリック操作が可能ですのでご参考までに。

基本操作

Windows8の基本操作全般は、デスクトップ画面に切り替えて頂いて、図のフォルダメニューから操作作業制御します。

トップページのデスクトップを開きます。

左下のライブラリアイコン(フォルダアイコン)をクリックすると、Widnows8設定操作全般を行うことが出来ます。

もしくはデスクトップ画面の左下にカーソルを併せるとスタートアイコンが表示されます。これを右クリックするとショートカットで必要な画面を表示させることが出来ます。

最初ライブラリ画面が表示されているのですが、ALTキーを押してメニューツールバーを表示させて、右上の▼ボタンを開くと操作全般のメニューが表示させることが出来ます。作業したい内容のメニューを下のメニューから選んで操作編集の作業を行なって下さい。

コントロールパネルの開き方

Windows8/8.1も同じ操作でコントロールパネルを開くことが出来ます。まずマウスを使えるパソコンをご利用の場合は、デスクトップ画面でもスタート画面でもどちらの状態でも良いので左下の角にマウスのカーソルを併せて右クリックするとメニューが出ます。その中に「コントロールパネル」ショートカットがあるのでクリックすると表示させる事が出来ます。

Windows8/8.1コントロールパネルの出し方

タブレットをお使いの方はスタート画面で”下矢印アイコン”をタップします。

Windows8/8.1の全てのアプリケーションの出し方

アプリ一覧画面に切り替わります。右方向にスワイプ又はスライドするとコントロールパネルのショートカットがあるのでそれをタップすると表示できます。

Windows8/8.1のメインアプリ画面のコントロールパネルのショートカットの場所

このようにコントロールパネルを起動させる事が出来ます。

Windows8/8.1のコントロールパネル

スポンサーリンク

プログラムのアンインストール

LANやWLANのユーティリティーやドライバ、それにvirtualadapterやhamachiそれにJAVAのアンインストールを依頼する場合があります。これらのものをパソコンから削除する場合は、左メニューのコンピューターを選んで、上のプログラムのアンインストールと変更から作業出来ます。

プログラムと機能の画面で、依頼されたツールユーティリティやドライバをクリックして選択し、アンインストールを選んで削除出来ます。削除後は必ず再起動して下さい。

ペイントの起動

ルータの画面やLANの状態を確認したい時に、画面をキャプチャして送ってほしい際に、ペイントソフトウェアが必要です。こちらの手順でファイル名を指定して実行画面を開いて、mspaintと入力してEnterキーを押せば起動できます。ここに資料画面を貼付けしてJPEGで保存して、kagemaruにネットワーク資料を送ってもらう事が出来ます。その他、notepadをタイプするとメモ帳を起動できますし、wordpadとタイプするとMSワードを起動出来ます。

ネットワークパスの指定

共有ドライブ、NAS、ネットワークプリンターのパス名を指定する方法です。こちらのファイル名を指定して実行でも可能です。

以下の様にライブラリメニューのネットワーク項目に、共有フォルダやNASや、プリンターを見つけることが出来ます。この項目でネットワークドライブを追加したり、プリンターを追加することが出来ます。

復元

よくあるお問い合わせ内容で、不必要なアプリケーションを導入してしまい、ポート開放できていたのに突然できなくなった等の場合。例えばセキュリティソフトを変更した、バーチャルアダプターやVOIPツールを入れてしまった、アンインストールしても改善が見られないなどの場合、余計なアプリケーションを入れる前の状態に復元させてみてください。そうすれば通信が正常に戻る場合があります。こちらのメニューからシステムを開きます。次にシステムの保護を開きます。

システムのプロパティ画面のシステムの復元ボタンから、不具合が発生する前日辺りに復元させて通信の回復を図る事が出来ます。

デバイスマネージャーの起動

デスクトップ画面の左下を右クリックすると表示されたメニュー一覧の中に「デバイスマネージャー」と言うメニューがあるのでそれをクリックすると起動します。

Windows8のデバイスマネージャーの起動

デバイスマネージャーが起動します。

デバイスマネージャーの画面

ドライバが正しくインストールされていないインターフェースや増設機器は図の様にビックリマークアイコンが表示されます。右クリックしてドライバーソフトウェアの更新からドライバソフトをセットアップし正しく動くようにする事が出来ます。

ビックリマークのデバイス

この情報は2012年10月に作成した資料で、プレリリース版を用いて作成しております。正式リリース版でまた少し情報が変更される場合もありますのでご了承願います。正式版リリースされ相違部分あれば訂正掲載致します。また現在ネットワーク構築で不明な部分があればBBSまで気軽にお問い合わせください。

説明は以上です。ネットワーク接続 (IP自動取得やネット不安定の確認)に戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする