ネットワーク接続 (IP自動取得やネット不安定の確認)

*

ネットワーク接続 (IP自動取得やネット不安定の確認)

非常に多いネットワーク構築環境関連のお問い合わせの中で、この項目(ネットワーク接続)は頻繁に出して頂いて各種確認作業をお願いすることがあります。出来ればポート持にこのページは直ぐに確認出来るようにGoogleChromeブラウザ等でブックマークに入れておく事で作業効率はよくなりますので導入下さい。

またネットワーク接続の画面を開いて、ネットワークアダプタが複数個ある場合等はインタネットがつながったりつながらなくなったりする現象の元ですので、もしも画面を確認した際、複数個アダプタが存在する場合は一度スクリーンキャプチャを取得してルータ設定BBSまで(画像を同時に添えつけ頂けます)確認希望の旨ご連絡頂けましたら拝見させて頂きます。

Windows XP

Windows VISTA

Windows7

Windows8

Widnows10

メトリック

LANアダプタ二つの内、何れもネットワーク上でアクティブである必要がある場合はメトリックの値を手動設定するとポート開放とインターネット通信を安定させることが出来ます。

無線LAN Wi-Fiが不安定な場合

無線LAN通信で特にPS3が頻繁にサインアウトする場合は無線チャンネルを手動で固定すると改善するとユーザー様よりご連絡頂きました。詳しくはメーカー別で大まかに説明しているので参照願います。

LAN中継器がある場合

LANケーブル及び無線LAN関わらず、モデム(モデムとは)との間に次の様なネットワーク中継器が存在すると、通信速度の不安定やping値が大きくなりラグが発生する現象があります。

  1. LAN延長コネクタ
  2. バッファロー300番台のルータをアクセスポイントとして利用
  3. コレガの古いルータをブリッジモードとして利用

LAN延長コネクタとはLANケーブルを延長するこちらの様な機器です(RJ45延長コネクタ )。インターネット接続でWEB閲覧などには支障はでませんが、PS3アドホックパーティが出来なかったりポート開放できなくなったりします。

例えばPS3とルータ間にRJ45延長コネクタを使っている場合で不安定となる場合があります。(青い線はLANケーブルを表します)

その他2/3(バッファロー又はコレガルータをブリッジモードでネットワーク中継)の事例でラグが酷くなる場合がやポート開放が出来無い事例

上記の問題をそれずれ解決する一番の方法は、HUB又は無線アクセスポイントへの切り替えが一番望ましいです。理由と致しましては、コレガやバッファローのルータ機能を無効化としても完全に無効となるわけではなく、不必要なセキュリティ機能もアクセスポイントモードやブリッジモードで完全に無効となるわけではありません。よって不必要なセキュリティサービスを搭載していないネットワーク中継器への切り替えが一番望ましいと言えます。またRJ45延長コネクタをお使いの方もHUBに取り替えてもらえれば問題解決します。

HUBに関しましては近年のモデルであればクロス/ストレートタイプを自動切り替えしてくれるのでLANケーブルストレート/クロスを気にする必要はありません。もちろんカスケード接続の場合も同様です。HUBの詳細はLANを分割や分岐させる方法を参照下さい。

ネット不安定の確認事項に付きまし

ネットワーク接続画面からインターネット接続の不安定を判断する目安としては、LANアダプタがWindowsが認識できるアダプタ数2個以内にあるのかを確認頂くことで判断できます。

例えば、上のネットワーク接続または管理画面を開いて頂くと以下の様にローカルエリア接続とワイヤレスネットワークがLANアダプタ2個予めあるWindowsにさらにxlinkkaiや任天堂Wi-FiUSB無線を追加することでインターネット接続が不安定になります。

注意:hamachi IEE1394接続 広帯域接続 ブロードバンド接続アダプタはLANアダプタとして計算しません。

もしも既にLANアダプタ2個あることが判明した場合は通信をしていないアダプタを右クリックで無効化(無効にしたいLANアダプタを右クリックし無効にすると選択で無効化にできます。)にしてから増設や追加したUSB無線やLANアダプタを追加取り付けしてください。

説明は以上です。もしもご自身では判断できない場合ネットワーク接続の画面をキャプチャ頂いてルータ設定BBSへ掲載頂いてご質問頂けましたら確認の上最適な状態にする設定案内をさせていただきます。

近年多い事例、hamachiやvirtual Network Adapterを複数パソコンにセットされている場合ポート転送を正しく物理アダプターに転送できなかったりする問題も生じます。この場合も使わないアダプターを上記手順で一時的に無効化で対応ください。

通信に支障が出るLANアダプターの例

上記のLAN環境問題ない場合

全てLAN環境無線環境何れも正常でも、やはり不安定と言うか繋がったり止まったり、時々通信が切断されていたり、まったく繋がらずパソコン場ではページを表示できませんとなる場合は次の事が考えられます。

  • 動画を見ながらまたは誰かが動画を見ているニコニコ動画それにYOUTUBEはインターネット回線の容量を大幅に使います。なので他のインターネットの通り道がなくなりそれによって不具合も生じる原因になります。
  • BITtorrent等のダウンローダが動作している設定によっては影響はないのですが、知らない間にダウンロードを開始していたりアップロードされていたりすることがありこの場合同様のトラフィック負荷が高すぎて他のデータの送受信の妨げになることがあります。
  • ファームウェア動作不良。モデムやルータのファームウェア(ルータやモデムを動作させているプログラム)が誤動作する場合があります。この場合はモデムやルータの主電源を切って2分ほどしてから入れなおす事で治ることもあります。これは調べることはできませんが例えばバッファローなら192.168.11.1を開いてなかなか応答しない、NTTルータなら192.168.1.1を開いてみてやはりなかなか応答しないもしくは全く応答しない場合はそれと判断することが可能です。
  • 光回線で時々切れる現象がある。モデム(モデムとは)のランプ状態を見てください。ランプが全部消えている、ランプが全て点滅している等の異常を表す場合は回線基地局か自宅引きこみの機器に不具合が生じている可能性がありますNTTなら0120116116へ問い合わせして回線が繋がったり切れたりすると申し出て下さい。NTT以外の場合も同様にサポートセンターへ同様に申し出て下さい。
  • ADSLで時々切れる現象がある。ADSL回線の場合YAHOOを除くイーアクセスやフレッツADSLではスプリッタと言う機器が故障した可能性もあります。スプリッタを取り外してADSLモデムに繋いでいる電話線を、壁のモジュラージャックに直結して治らないかを確認下さい。治ればスプリッタの交換を0120116116へ申し出て下さい。レンタル品なので無料交換出来ると思います。スプリッタを交換しても治らない場合は、ADSL帯域不安定です。契約プロバイダに帯域調節をお申し出下さい
  • その他トラフィック不足、理由はわからないですがとにかく速度が遅い、よく切れる場合はモデムのランプを点検下さい。何かがピカピカ(PPPランプやInternetランプ)光る場合は誰かが何かを接続している事になります。例えば無線LANの不正アクセス、LANの盗難どこからか繋いでいる、パソコンウイルス感染によるデータ流出中が考えられます。

上記のLAN環境問題ない場合


公開日:
最終更新日:2015/06/22

Comment

  1. kagemaru より:

    peachさん、スレッドが長すぎるのでこちらで対応致します。Windows7の方をまず対応させて頂きます。

    http://www.akakagemaru.info/img/27381.jpg

    頂いたいたipconfigの資料ですが、ワイヤレスネットワークが2と3合計3つあります。

    WindowsのLANアダプタは少なくとも2つ以内にしなければならないので

    Wireless LAN adapterの2と3を右クリックして無効化にしてもらえますでしょうか。

    後、2001:c90から始まるIPv6アドレスを受け取っているみたいですので無効化で通信が安定しないか確認してもらっても良いでしょうか。
    http://www.akakagemaru.info/port/windows7ipv6.html

  2. kagemaru より:

    確認頂いてお手数おかけします。IPv4通信だけなのですがもし見られないWEBサイト等あればIPv6対応Chromeブラウザ
    https://www.google.co.jp/chrome/browser/index.html

    もしくはfirefoxブラウザ使ってみてください。
    https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/

    残りの通信不安定Windows8.1もここでご質問頂ければ対応致しますのでよろしくおねがい致します。

  3. peach より:

    了解しました!

    windows8.1のほうもお願いします。
    windows7のほうが通信できていると反対にwindows8.1のほうが通信できなかったりします。

    画像はどうやって貼ったらいいのでしょうか?

    • kagemaru より:

      Windows8.1のネットワーク資料はすみませんmaster@akakagemaru.infoへ送って頂ければ私がアップロード致します。

  4. peach より:

    了解しました!

    windows8.1の画像送らせていただきます。

    • kagemaru より:

      資料ありがとうございます。Windows8.1は有線LANで繋いでましたよね。

      拝見したのですがIPv6とIPv4が混在でした。通常は問題ないはずなのですが
      http://www.akakagemaru.info/port/wp-content/uploads/2014/07/win8001001.jpg

      不安定になる要素としては、一つのLANアダプタが2つの要素を持つので不安定になるのではないでしょうか?

      まずIPv6がグローバルIPアドレスであることが問題点となると思われます。2001:c90:8780何々と言うグローバルIPアドレスをWidnows8.1は持ち通常でしたらそちらで通信が出来るはずなのに、IPv4プライベートIPアドレスも同時に持ってしまいます。このプライベートIPアドレスはグローバルIPアドレスでは無いのでインターネット通信する事が出来ません。

      プライベートIPアドレスでインターネット通信するにはグローバルIPアドレスを持つルータにアドレス変換してもらわないと通信が出来ないのです。

      なのでパソコン操作→インターネットに出る(IPv6/IPv4)→IPv4サーバが応答

      IPv4サーバ→データを返すが相手が見つからないつまり接続エラーと言う形に陥って居るのではないかと推測します。

      Windows7的にはどうでしょうIPv6無効化で安定してますでしょうか?少しその辺確認しておきたくて。

      もしWindows7でIPv6を無効化で通信が安定するようならWindows8.1も同じようにIPv6を無効化にしてゲートウェイを統一すれば通信は安定するものと思いますので。

  5. kagemaru より:

    お問い合わせ内容。

    PSVITAの通信が不安定と言うお問い合わせ。LAN環境は次の通り。
    [RV-230NE]-[WR9500N(動作モードはローカルルータ)]-PC/NAS
    [RV-230NE]-[WR9500N(動作モードはローカルルータ)]-無線-[PS VITA/その他端末]という環境で接続しております。

    お返事内容

    上記の場合切り分け確認が必要です。RV-230NEに問題があるのかWR9500Nに問題があるのかを確認しなければなりません。

    一番簡単な方法はWR9500NをPPPoE接続させることです。もしWR9500NをPPPoE接続させて安定するならRV-230NEに問題があると判断できますので。

    手順、192.168.0.1へアクセスしてAtermの設定画面を開き、基本設定を開いて「ローカルルータ」から「PPPoEルータ」に変更して「設定」から「保存」
    http://www.akakagemaru.info/port/wp-content/uploads/2014/10/atermpppor001.jpg

    次に、接続先設定でPPPoE接続IDと接続パスワードを入力して接続させてください。
    http://www.akakagemaru.info/port/wp-content/uploads/2014/10/atermpppor002.jpg

    インターネットに繋がらない場合はRV-230NEの設定画面192.168.1.1を開いて、接続状態接続中の右側「切断」をクリックしてから192.168.0.1を開いて接続させて見てください。
    http://www.akakagemaru.info/port/buhin/2007-2v001rv230-003.png

    これで通信が安定するかを確認してもらえますでしょうか。

  6. 時貞 より:

    試してみました。

    [RV-230NE(回線は切断)]-[WR9500N(動作モードはPPPoEルータ)]-PC/NAS
    [RV-230NE(回線は切断)]-[WR9500N(動作モードはPPPoEルータ)]-無線-[PS VITA/その他端末]

    WR9500Nから先に設定を変更してしまうとRV-230NEの設定画面が表示されなくなってしまったので、
    RV-230NEの設定を変更してからWR9500Nの設定を変更しましたが、
    設定を変更したところPCからネットが接続できなくなりました(NASには接続されております)。

    PS VITAやその他Wi-Fiを使った端末からはネットに接続できましたが、やはりPS VITAでゲームプレイ中は回線が頻繁に切断されてしまいます。
    PS VITAのネットワーク設定を調べたらNATタイプは2になっていました。

    • kagemaru より:

      確認頂いてありがとうございます。PCからインターネットに繋がらなくなってしまったのですね。

      どうしてなのでしょう。WR9500Nの動作モードを変更でパソコンがインターネットに繋がらなくなるのがとても気になります。後は結局PSVITAの無線接続は安定しなかったのですよね。

      一度WR9500のファームウェアアップデートしてみてもらえますでしょうか?確か自動でアップデートさせる事が出来たと思います。

      Aterm系列なら「メンテナンス」から「ファームウェア更新」を開いて。自動更新(オンラインバージョンアップ)にチェックを入れて設定から保存。新しいバージョンが見つかったら更新を選んでアップデートさせられます。

  7. 時貞 より:

    RV-230NE、WR9500Nともにファームウェアは最新となっております。

    [RV-230NE]-[WR9500N(LAN1)]-PC
    [RV-230NE]-[WR9500N(LAN3)]-NAS
    [RV-230NE]-[WR9500N(無線)]-PS VITA/その他端末
    もう少し詳しく環境を書いておきますと以上のようになります。

    WR9500Nの設定で、PPPoEルータモードにした際にPPPoEブリッジとIPv6ブリッジにチェックが入りますがそのままでよろしいのでしょうか?

    • kagemaru より:

      >WR9500Nの設定で、PPPoEルータモードにした際にPPPoEブリッジとIPv6ブリッジにチェックが入りますがそのままでよろしいのでしょうか?

      はい問題有りません。

      ファームウェアは最新状態なのですね。WR9500NをPPPoEモードにするとパソコンは未だ繋がらない状況なのでしょうか?

  8. 時貞 より:

    何度か繰り返していますがPCからはネットに接続できず、
    Wi-Fiでのみ?ネットに接続ができるようになります。

    行った動作は以下の順番です。
    1.RV-230NEの接続先設定から接続中の回線を切断(先に設定しないと設定画面が表示されなくなるため)→最新状態に更新
    2.WR9500Nの基本設定から動作モードをPPPoEルータに変更→設定→保存
    3.WR9500Nの接続先設定でプロパイダのIDとパスワードを入力(RV-230NEで入力していたものと同じです)→設定→保存

    結果、PCはNASに接続できるもののネットが接続できず、無線を使った端末ではネットができる状態になります。
    Windowsのコントロールパネルを見ると[PC]-[ホームネットワーク]-[インターネット]と正常に表示されていますし、
    ローカルエリア接続の状態を見ると動作状況は送信・受信ともに増えています。
    しかしながらウェブサイトやメールの送受信もできなくなります。

    ただ、現在の設定でもその他の無線端末同様にPS VITAでもネットはできています。
    例のゲームをプレイする時に頻繁に切断されてしまうのですが、
    他のゲームでオンラインプレイをしたことがないのでどうなのかはわかりません。
    ゲームのサーバーが貧弱なのかと疑いましたが快適にプレイできている人(改善した人)もいるようなので不明です。

  9. 時貞 より:

    連投失礼します。

    PCからネットに接続できない原因が判明しました。
    TCP/IPv4のプロパティで「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」ではなく、
    なぜか「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェックが入っており、優先DNSサーバーの欄に「192.168.1.1」とありました。

    「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」にチェックを入れて再びルータの設定を行ったところ無事にPCから接続できました。
    ご迷惑をおかけしました。

    • kagemaru より:

      PCの接続トラブルの原因ありがとうございます。ではWR9500Nは不具合を持っていない可能性が高いですよね。

      となるとPSVITAの無線接続も問題はなさそうなのですがオンラインゲームサーバーとの通信に問題がありそうです。

      今まで二重ルータでしたので、WR9500NをPPPoE接続していればこの状態でPSVITAにDMZを適用させればもしかしたら通信の方が改善するかもしれないので試してみてはどうでしょうか?

      前に適用していたとあったと思うのですが二重ルータでしたので正しくDMZが働いて居なかったと思いますので今一度設定し直しお願い致します。
      http://www.akakagemaru.info/port/wr9500ndmz.html

      後、PING応答もさせて下さい。

      WR9500Nの「基本設定」-「接続先設定」を開いて、右上の高度な設定ボタンをクリックすると画面下のほうにPING応答機能、使用するにチェックを入れて、右下設定ボタンをクリックして保存です。

      これである程度サーバーとの応答は途切れることはなくなると思います。

  10. 時貞 より:

    DMZ設定を再度試してみましたがやはり回線が頻繁に切断されてしまいました。
    PS VITAのWi-Fi電波強度は80~100%、NATタイプは2になっております。

    PS VITA側の設定
    IPアドレス 192.168.0.210
    サブネットマスク 255.255.255.0
    デフォルトゲートウェイ 192.168.0.1
    プライマリーDNS 8.8.8.8
    セカンダリーDNS 8.8.4.4
    プロキシーサーバー 使用しない
    MTU設定 自動
    ファームウェアは最新のものを使用

    WR9500N側の設定
    DMZホスト機能 使用する
    DMZホストのIPアドレス 192.168.0.210

    「Aterm WR9500N DMZ設定の説明」のページを参考に設定をしましたが、これであっているのでしょうか。

    • kagemaru より:

      DMZの設定はあってます。後、以下の設定はやってもらえましたでしょうか?

      後、PING応答もさせて下さい。

      WR9500Nの「基本設定」-「接続先設定」を開いて、右上の高度な設定ボタンをクリックすると画面下のほうにPING応答機能、使用するにチェックを入れて、右下設定ボタンをクリックして保存です。

      これである程度サーバーとの応答は途切れることはなくなると思います。

      上記PING許可を設定しても通信が安定しない場合、YOUTUBE等の動画を安定的に見られるかPSVITAで試して頂いて
      https://www.youtube.com/

      YOUTUBE等の動画をスムーズに見られるなら無線LAN通信自体は問題無いと判断できます。

  11. 時貞 より:

    報告忘れてしまいましたが、PING応答機能も使用するにチェックしております。
    Youtubeなどの通信はできているのでやはりゲームソフト側の問題なのかもしれません。
    お手数おかけしました。

    それとあわせてお伺いしたいことがあります。
    DMZホスト機能を使ったNATタイプ2への変更はあくまで1つの本体に対してのみ有効ですが、
    2つの本体を同時に使用する場合はDMZホスト機能は対応ではなく、
    PS VITAのIPを固定してルータで該当のポートを開放する必要があると思うのですが、
    その際PS VITAの設定は「PSVITA IPアドレス固定」のページにあるように、
    IPアドレスの末尾以外自動のものと同じでよろしいのでしょうか。
    それともDMZ設定と同じく、プライマリーDNSは8.8.8.8、セカンダリーDNSは8.8.4.4に変更した方が良いのでしょうか。

    • kagemaru より:

      PING応答許可済とPSVITAの無線LAN安定確認YOUTUBEの閲覧は問題ないご連絡ありがとうございます。

      そうなると無線LAN自体は安定的で、オンラインゲームサーバー側が不安定と言うことになりそうですよね。サーバーアップグレードまで待って頂く必要があるのかもです。

      PSVITA二台のポート開放は出来ません。二台ポート開放
      http://www.akakagemaru.info/port/psp/twoclient.html

      PSNは同じポート番号を使うのでPS3とPS4とPSPとPSVITA同時ポート開放設定は今のままでは使えません。マルチセッション契約が必要です。(有料)

      切り替えて使うことは可能です。ポート開放したい端末を192.168.0.210に固定して、別の端末をポート開放したい場合、192.168.0.210固定の端末をIPアドレス自動取得に切り替えて、他の端末に192.168.0.210を設定します。

      つまり場所です。ポート開放する場所が192.168.0.210となるのでこれを切り替えてあげます。ネットワーク用語だとパスの切り替え作業です。

      但しパスは一つであることが条件です。同じパスに二台同居する事は出来ません。

  12. 時貞 より:

    お返事が遅れました。

    2台同時ポート開放のページが存在していたのにも関わらず調べず質問してしまい申し訳ございません。
    拝見したところ現状のままでは無理とのことでしたので、
    今回は1つの本体がDMZ設定でNATタイプ2になったことだけでもよしとします。

    お手数をおかけしました。
    ありがとうございます。

    • kagemaru より:

      いえいえ、大丈夫ですよ。どうしても必要ならマルチセッションと言う方法がありますので。必要時IPアドレスを切り替えて使って頂ければ大丈夫です。

      こちらこそお時間頂いて有難うございました。

  13. ぷーすこ より:

    初めまして。
    私の家では今現在、モデム1つ、有線のルーター1つ、ハブ1つ、無線が2つと言う状況になっています。
    繋がり方は、モデムから有線にひとつ、無線にひとつで、有線からパソコン、先ほどのモデムから繋がっている無線に1つ、二階にあるハブに1つとなっています。そしてそのハブからパソコン2台、無線が1つとなっています。
    ちなみにモデムと有線に繋がっている無線はFonというやつです。ハブからつながっているのはバッファローの無線ルーターです。
    このような繋げ方をしているせいかネットの回線環境がよくありません。このような繋げ方はいけないのでしょうか。それとも別の問題なのでしょうか。
    よろしくおねがいします。

    • kagemaru より:

      はじめまして、インターネット環境の詳細ありがとうございます。

      モデムーFON無線ルーター

      |_有線ルーター

      2階までの経路不明-HUB-バッファロー無線ルーター

      こう言う感じですね。IPアドレスが競合する可能性も否めないですが、モデムの型番とか有線ルーターの型番がわからないので断定出来ません。

      一階から二階へはLANケーブル(中継なし)の一本もので繋いでいるのですかね?もしLAN中継ソケットなど使っていたら二階のインターネットが不安定にはなる事があります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



エレコムWRCシリーズ 300FEBK-S 1167FEBK-S 1167GHBK-S 1467GHBK-S 1900GHBK-S ポート開放設定説明

エレコムは2016年11月にWRCシリーズという無線ルーターを一挙5製

ケーブルテレビ・インターネットモデムBCW720Jのポート開放設定の説明

ZAQやJCOMインターネットご契約時にレンタルされるモデム兼用ブロー

wg2600-001002
4×4 MIMO対応高速無線ルータWG2600HPのポート開放手順の説明

2016年10月にWG2600HPの新型「WG2600HP2」が発売さ

WiMAXルーターnovas Home+CA ポート開放設定の説明

WiMAXキャリア専用のWi-Fiブロドバンドルーター「novas H

novas Home+CA Wi-Fiのつなぎ方

シンセイコーポレーションから2016年10月に発売された無線LANの電

→もっと見る

PAGE TOP ↑