CG-WLCVR300AGN 暗号化方式を変更する

コレガCG-WLCVR300AGNをアクセスポイントモードで動作させている際に、無線暗号化方式の動作を変更する手順の説明です。例えば、古い端末が繋がらない場合は、既定暗号化動作モード

無線動作モードを変更する

設定画面を表示するにはCG-WLCVR300AGN 設定説明を御覧ください。トップページにある図のメニューから変更します。まず基本動作モードの変更手順です。古い端末(例DS等)ですがIEEE802.11bにしか対応できない場合がありますので、標準動作モードIEEE802.11a/nではWi-Fi接続出来ないので、一般的にはIEEE802.11b/g/nモードで動作させる必要があります。

本体モードはアクセスポイントモードで構いません。無線アクセスポイント機能で802.11n/g/bとなっているかをご確認下さい。

暗号化設定を変更する場合、左側メニューのLAN側設定を開いて、無線アクセスポイント設定から802.11n/g/b/セキュリティ設定を開きます。

スポンサーリンク

次の画面で暗号化方式を変更することが出来ます。例えばDSやXPを無線LANで繋ぐ必要が有る場合は、WPAとWPA2方式だと繋がらないので、次の様に変更を加えて頂く必要があります。

  1. 認証方式、Open System
  2. 暗号方式をWEPに変更
  3. 暗号化にわかる方は好きな方を選択、よくわからないかたは64Bit-ASCII(半角英数記号)5
    文字を選択してください
  4. ここに任意の暗号化キー(パスワード)を設定します。5文字のキーを大文字小文字分けて設定してください。例、12345(これだと極端なので)例2、aBc45(大文字小文字区別あるので安全だと思います。)

    例3、AbCde(これも大文字小文字区別あります)

5文字好きなように並べ替えか決定して、説定ボタンを選んで下さい。これでDSや古い端末をWi-Fiでつなぐことが出来るようになると思います。

説明は以上です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする