WMR-300 WAN側IPアドレスの確認方法

WMR-300シリーズのWAN側IPアドレスの確認手順説明です。基本的に外出先などで用いる事を目的とするブロードバンドルータですので、WANの状態がプライベートIPアドレス割り当てとなっている可能性もあります。念の為確認の上ポート開放できるかまたNATタイプを変更できるか等をご確認下さい。寮やアパートに予め設置されているインターネット環境の場合は概ねポート開放出来ないです。

確認手順の説明

まずバッファロールータの設定画面を開きます。表示方法は(WMR-300シリーズ ポート開放を参照)。PS3やWiiUからも確認頂けます。

設定画面が開きましたら、ステータスを開いてください

スポンサーリンク

表示されたステータス画面にあるInternetの表内にあるIPアドレス(取得方法の右側)を確認してください。もしもIPアドレスが例えば192.168.0.2等先頭の値が192なら概ね二重ルータ環境になってしまいますので普通の手順ではポート開放出来ないですしインターネット接続速度も遅くなってしまいます。

スポンサーリンク

その他、先頭開始アドレスが例えば、172や10等(172.0.0.2うあ10.0.0.2等)の値から開始されている場合はプライベートIPアドレス契約の場合もあります。この場合インターネット回線を変更しないとポートを開放する事が出来ないのでまずご契約プロバイダまたはインターネット会社様の方にご相談願います。

その他、Wi-Fiは繋がるがインターネットを開くと、ページを表示できませんと言うエラーになり場合は、上のステータスの状態のIPアドレスが0.0.0.0や未接続と言う表示となっている事が多いです。この場合、ルータがインターネット自体につながってないので、もしCATVの方ならCATVモデムを20分電源切ってみて下さい。その上で上のアドレス表示があれば、接続できるようになると思います。またフレッツで未接続の場合はこのルータでは対応出来ません。(PPPoE非対応)他のブロードバンドルータをご用意お願い致します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする