Aterm WR7610HV 任天堂Wii/DS ポート開放説明

アッカネットワークスの光回線契約時にレンタルされるAterm WR7610HVに任天堂Wii又はDSを繋いでいる環境で、Wi-Fi通信エラーが出る場合は任天堂ポート開放を行うことで解決する場合があります。

設定前の準備としましては、ポート開放したいWiiまたはDSのマックアドレスを確認してから作業します。

設定の手順説明

まずルータの設定画面を表示しポートマッピング設定を表示ください。表示方法は前のページをご覧下さい

注意:他のポート開放設定と併用する事が出来なくなる可能性があります。もしも重複する番号がある場合、既存の設定は削除またはエントリ番号のチェックを外して無効化にしてください。

一つ目の設定
エントリ番号:1

変換対象プロトコル:UDP

変換対象ポート:0-65535

宛先アドレス:確認頂いた任天堂のマックアドレス

入力できたら編集ボタンをクリックします。

スポンサーリンク

二つ目の設定
TCPポートの作成サンプルです

エントリ番号:2 とします。

変換対象プロトコル:TCP

変換対象ポート:28910

宛先アドレス:エントリ番号1で指定したものと同じマックアドレス(以下エントリ3・4も同様に指定下さい)

エントリ番号:3 とします。

変換対象プロトコル:TCP

変換対象ポート:29900-29901 ハイン指定で設定下さい。

エントリ番号:4 とします。

変換対象プロトコル:TCP

変換対象ポート:29920

設定が完了出来ましたら、必ず以下の手順を参照しルータへの設定反映作業を完了してください。

以下の番号順で各種ボタンをクリックし、左メニューにある「登録」ボタンをクリックすると再起動確認画面が表示されますので「OK」をクリックするとルータが再起動し作業完了です。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする