Aterm WR8400N WEBサーバ ポート開放説明

Aterm WR8400N でWEBサーバやメールサーバのポートを開放する場合の設定サンプルです。

一般的にサーバ関連の場合

HTTP(WEB) TCP 80

SMTP TCP 25 もしくは 587

現状大多数のプロバイダ様では587番のみ許可

FTP TCP 21 もしくは 20

以上の様に定められています。

尚、設定前にホストとするシステムのIPアドレスを固定払い出し作業を完了下さい。固定IPアドレス割り当て作業

設定サンプル

設定画面を開く手順は前のページを参照下さい

設定サンプル

LAN側ホストに、WEBサーバアプリケーションを動作しているパソコンのIPアドレスを入力します。

プロトコルはTCPを指定

ポート番号:anyのチェックを外し80-80とします。

有線順位は:1とします

スポンサーリンク

続けて、メールサーバを開始する場合も同様に、25もしくは587何れか契約の回線で利用許可のあるポート番号を指定します。

有線順位はWEBサーバへ1を割り当てた場合は、2として設定すると良いでしょう。

FTPの場合

「21」-「21」と指定しても構わないですし、「20」-「21」とすれば二個同時に開く設定を作成する事が出来ます。

優先度順位に気をつけて(複数サーバ設定重複の際)番号を指定し設定ボタンを選択し作業完了です。

入力完了出来ましたら、画面右上の保存ボタンをクリックして作業完了です。後パソコンの場合、ファイヤーウォールやパソコンウイルス対策にあるパーソナルファーやーウォール関連の設定に使用アプリケーションの例外ルールを指定下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする