Aterm WM3400RN (WiMAX) ポート開放

Aterm WM3400RN (WiMAX専用ブロードバンドルータ) ポート開放手順の説明です。

このブロードバンドルータは一般的なフレッツ光やYAHOOBBそれにCATVでは利用することは出来ません。WiMAXモバイルインターネット専用ブロードバンドルータとなります。WiMAX対応ブロードバンドルータ WM3400RNは無線LAN専用となるので有線LANポートしか持たないサーバだと無線LANコンバーター等が必要になります。無線LANコンバーター WLI-TX4-G

備考、2013年6月10日よりプライベートIPアドレス割り当てサービスが適用されました、そのままのご契約ではポート開放出来ません。詳しくはWi-MAXモバイルルータ一覧に説明させて頂いてます。

準備IPアドレスを固定します

ポート開放するパソコンやその他クライアントのIPアドレスを固定します

IPアドレス:192.168.0.10

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

固定できたらパソコンを必ず再起動して下さい。

スポンサーリンク

ルータにログインします

WiMAXルータの設定画面を表示するのにまずログインする必要があります。

手順は以下のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力されEnterキーを押します。

http://192.168.0.1/

モデムへのログイン画面が表示されるので、

次にログイン画面が表示されます。

ユーザー名に admin

パスワードは任意で決めたパスワードを入力

スポンサーリンク

それぞれ入力しOKをクリック。

もしもページを表示出来ません等でログインできない場合はログイン出来ないを参照下さい。

設定画面が表示されたら左側の詳細設定からポートマッピングを開きます

ポートマッピングの追加ボタンを選びます。

上記追加ボタンを選ぶと次のエントリ追加画面が出ます。ここにポート開放情報を入力します。

ポート開放する(エントリ追加)

ポートマッピング設定 エントリ追加の項目に次の設定を作成してみましょう。WEBサーバのポート番号80プロトコルTCPのポート開放設定を作成します。ANHTTPDサーバソフトを導入すれば試す事が出来ます。

  1. LAN側ホスト:192.168.0.10
  2. プロトコル:TCP
  3. ポート番号80-80

    anyのチェックを外してください。

  4. 優先度1

    追加設定ある場合優先度は繰り上がり指定

  5. 入力できたらページ下の設定をクリック

以上で作業完了です。

次に保存をクリックして設定完了になります。

その他の設定 マニュアル等

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする