WZR-G108/G54/HP-G54 WBR2 ポート開放設定方法

バッファローの2005年以前に製造販売されていた高機能無線ブロードバンドルータWZR-G108とWZR-HP-G54とWZR-G54とWBR2シリーズ共通のポート開放手順の説明です。型番が古いので新しいPS3やVITA等のポート開放しても通信不具合改善しない場合はファームウェアをアップデートしてみて下さい。

ルータ画面にログインすると、以下の画面が表示されます。【アドバンスド】メニューをクリックします。ログイン画面を表示するにはhttp://192.168.11.1/をブラウザのURLに入力しEnterキーです。ユーザー名はroot、パスワードは空欄で表示できます。

スポンサーリンク

表示されたルータ設定画面メニュー左側【ネットワーク設定】をクリックします。

ネットワーク設定の下にメニューが表示されるので【アドレス変換】をクリックします。

次に表示された画面の【アドレス変換ルールを入力】をクリックします

以下のアドレス変換設定にて、ポート開放設定を行います。

設定方法

グループ:新規項目に任意の名称を入力(例:ゲーム)

スポンサーリンク

プロトコル(WAN側):TCP/UDPにチェックを入れ、▼ボタンから任意のTCP又はUDPポートを選択します。その下にある【任意のポート】項目に、開放したいポート番号を入力します。

例:2000-3000 と指定すると(2000~3000)まで大きく開放するとこが出来ます。

例2:10000-10001と指定すれば、10000と10001二個ポートを開放する事が出来ます。

例3:単一ポート開放の場合は、開放したい数値のみ入力します。7000番であれば 7000 だけ入力します。

LAN側IPアドレス:手動設定:項目にパソコンのIPアドレスを入力します。

※▼ボタンからPC名が表示されている場合はそちらを選択してもOK

以上入力出来ましたら【ルールを追加】をクリック

次に以下の登録確認画面が表示されます。

先ほど設定した項目グループにチェックが入っているかを確認の上、【登録・保存】をクリックすれば設定完了です。

説明は以上です

任天堂Wiの設定やDMZ説明はこちら

未だインターネットに繋いでいないゲーム端末等があればWi-Fiつなぎかたを参照し繋いで下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする