PR-S300NE ポート開放の説明

NTTのフレッツ光用で無線LAN内蔵(IEEE802.11a/b/g対応)PR-S300NEと言うルータのポート開放説明です。このルータはNTT公式製品です。ファームウェアやマニュアルをダウンロードする場合は各地域別のNTTサイトから取得ください。

特徴と致しましては、ひかり電話に対応し、無線LANは別途無線LANカードをPR-S300NEに内蔵すればAndroidやiOS含むスマートフォンそれにタブレット、DSやPSvitaを含む家庭用ゲーム機それにパナソニックのWi-Fi内蔵ビエラをインターネットに繋いでオンライン接続させることが可能です。LAN差し込み(LAN側ポート)は4つです。差し込みが足りなくなったらLAN分割を参照しHUBをご用意ください。もしくは無線LAN導入と合わせてバッファロー無線ルータ (アクセスポイント切り替えモード付き)を繋いで簡単にWi-Fi環境下することも可能です。有線LANポートの通信速度は1000Mbps(100BASE-TX、1000BASE-T)までになります、フレッツ光NEXTに最適です。ただ多くのパソコンは100Mbpsまでしか対応しないHUBやLANカードしか搭載しないので、もしもLANカード側で1000BASE-T対応のLANカードに交換しないと光NEXT等のギガビットインターネットの恩恵をうけることが出来ません。

その他の特徴、FOMA携帯電話で自宅のひかり電話を使えるように出来ます。必要なのはNTT提供の無線LANカード、FOMA対応USBケーブル、Windowsパソコンです。詳しくは0120-116-116へ問い合わせください。設定手順はひかり電話の使用方法を御覧ください。

スポンサーリンク

基本ポート開放する手順

このルータは静的IPマスカレード設定より個別のポートを開放する事が出来ます。DMZ設定や静的NATにても設定は可能なのですが当サイトでは説明を省略させて頂きます。

設定前にポートを開くパソコンのIPアドレスもしくはその他ネットワーク機器の場合はマックアドレスを確認しお控え頂いてから設定下さい。

設定手順説明 ルータへのログイン

まず以下のアドレスをクリックするか、InternetExplorer等のブラウザアドレス欄に以下の番号を入力されEnterキーを押します。

http://192.168.1.1 又はhttp://ntt.setup/

ログイン画面が表示されましたら、ユーザー名:user パスワード:接続設定時に任意で決めたもの(注:図サンプルの様に何か入力されている場合はそのままログイン下さいもしくは不明な場合はuserでお試し下さい。)

もしもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参照下さい.。

設定画面が開きましたら詳細設定メニューをクリックし、ツリー形式で表示されるメニューにある静的IPマスカレードメニュークリックするとポート開放作業を行う静的IPマスカレード設定エントリー一覧と言う画面が表示されます。こちらの方に設定を行います。

PR-S300NE 静的IPマスカレード

スポンサーリンク

設定前に必ず接続先に間違いないか念の為ご確認下さい。接続先とはこちらのサンプル図にあります様に、接続可にチェックとなっている接続先名のことです。接続先に間違いなければ編集をクリックして設定作業を行います。

NATエントリ編集画面が表示されるので、開放したいポート番号と開放するパソコンやネットワーク機器のIPアドレスを入力して設定を行います。
設定サンプル
192.168.1.10のパソコン

ポート番号3000

プロトコルTCP

NATエントリ編集のメニュー説明

変換対象プロトコル:▼ボタンのプロダウンメニューからTCPやUDP等を選択する事が出来ます。

変換対象ポート:開放するポート番号を入力

宛先アドレス:開放するパソコンやネットワーク対応機器が取得しているIPアドレスを入力します。宛先アドレスはマックアドレスや物理アドレスを指定することも出来ます。

入力できましたら設定ボタンを選択してください。

広範囲に開きたい場合

例えば5730から5739番まで一括で開きたい場合、以下の様にハイフンを入れることで広範囲にポートを開く設定を作成できます。

個別に二個開く場合

例えば、80番と81番の二つを一括で設定したい場合もハイフンで指定

設定サンプル図

マックアドレスで設定する場合

パソコンに限らず、ネットワーク対応ゲーム機やネットワークカメラのマックアドレスを指定して、ポート開放設定を行うことも出来ます。この時IPアドレスは必要ありません。

ネットワーク機器のマックアドレス確認

設定手順の例

確認頂いたマックアドレスや物理アドレスが

11-22-33-44-55-66であれば-(ハイフン)を:(コロン)に変更して設定します。

説明は以上です

設定が完了できましたら、設定から保存ボタンをクリックして設定を反映させて作業完了です。

後は、XPやVISTAご利用の場合ファイヤーウォール設定の変更も必要になるのでご確認願います。

その他の設定説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kagemaru より:

    TCP/25565のポート開放設定手順。

    まずPCのIPアドレスを以下の様に固定します。
    http://www.akakagemaru.info/port/ip-kotei.html

    IPアドレス 192.168.1.50
    サブネットマスク 255.255.255.0
    デフォルトゲートウェイ 192.168.1.1
    優先DNS 8.8.8.8
    代替DNS 192.168.1.1

    静的IPマスカレード設定に以下の設定を一つだけ追加。

    プロトコル TCP
    変換対象ポート 25565
    宛先アドレス 192.168.1.50

    設定ボタンから必ずエントリにチェックを入れて設定から保存です。
    http://www.akakagemaru.info/port/buhin/08-prs300-0010.gif

  2. マジ卍 より:

    わかりにくいです^^

    • kagemaru より:

      何をどうポート開放されたいのか教えてもらえれば案内できるかもしれないです。

  3. GUESS より:

    静的ipマスカレード設定の項目がない場合はポート解放そのものはできないのでしょうか?