WindowsXP ローカルIPアドレスの固定

WindowsXP 2000 のローカルIPを固定する方法の説明です。ポート開放に置いては、ローカルIPを固定しておくと後々便利ですし、WEBCASTERやRT200KIの場合この作業は絶対に必要になる為、ポートを開放される場合はなるべくローカルIPを固定してから開放設定するようにします。

※全てのルータでポートを開放するさい必要と言う訳ではありません。

注)XP及び2000でIPアドレス固定設定関係なく、適用されているServicePackによってはプロバイダのDNSサーバーアドレスを設定しなくてはインターネットに繋がらないトラブルが存在します。

IPアドレス固定設定もしくはインターネットに繋がらないトラブルの場合DNSサーバーアドレスをプロバイダ指定のものに変更してください。

IP固定の準備

IPを固定するには、ルータへの経由IPアドレスを調べなくてはなりません。これをデフォルトゲートウェイと申します。

デフォルトゲートウェイ調べ方

Windows2000・XPの場合(スタート→ファイル名を指定して実行をクリックし 「 cmd 」と入力してOKをクリックすればコマンドプロンプトが開きます。)

コマンドプロンプトを開き「 ipconfig  」と入力しEnterキーを押してください。

以下の赤い項目がデフォルトゲートウェイなになります※このアドレスを控えてください

スポンサーリンク

IP固定説明

IPアドレスの固定はネットワーク接続画面から行うことが出来ます。

「スタート」から「コントロールパネル」を開きます。

開いた画面の「ネットワークとインターネット接続」をクリックします。

クラシック画面のユーザー様はネットワーク接続をそのまま開きます。
Windows2000の場合又はクラシック表示の場合ネットワーク接続を開きます。

ネットワーク接続をクリックします。

ネットワーク接続画面が表示されます。

スポンサーリンク

ネットワーク接続アイコンを右クリックしてプロパティをクリックします。

無線LANご利用の場合は、無線LANアダプタアイコンを右クリックしプロパティをクリック

インターネットプロトコルTCP/IPをクリックして選択し「プロパティ」をクリックします。

以下の画面がIPアドレスを固定する画面です。

次のIPアドレスを使うと次のDNSサーバーのアドレスを使うにそれぞれクリックしてチェックを入れ、ローカルIPを固定設定します。

固定化設定例:

デフォルトゲートウェイ 192.168.0.1 の場合

■IPアドレス デフォルトゲートウェイの4桁目(第四セグメント以降を任意の数字に変更)

例:192.168.0.2~192.168.0.254 までを通常は指定する事が出来ます。

■サブネットマスク 255.255.255.0 通常のルータであれば左記の通り指定

■デフォルトゲートウェイ ページ冒頭で説明した、ルータのデフォルトゲートウェイを入力

■優先、代替DNS 空欄、もしくはルータのデフォルトゲートウェイアドレスもしくはプロバイダ指定のDNSのいずれかを試す必要があります。

※WindowsXPServisePack2の場合は必ずプロバイダ指定のDNSを入力。

ローカルIP固定化設定例:

デフォルトゲートウェイ 192.168.1.1 の場合

やはりこちらも同様に、デフォルトゲートウェイの四桁目のみ変更して設定します。

例:192.168.1.2~192.168.1.254までなら任意のものを指定出来ます。

ローカルIP固定化設定例:

デフォルトゲートウェイ 192.168.3.1 の場合

やはりこちらも同様に、デフォルトゲートウェイの四桁目のみ変更して設定します。

例:192.168.3.2~192.168.3.254までなら任意のものを指定出来ます。

簡単ですが説明はここまでです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする