WBR-G54 WBR-B11 WAN側IPアドレス固定

フレッツ光プレミアムのCTUルータにWBR-G54を接続して二重ルータとなってしまった場合のポート開放説明です。

本当は、このルータをブリッジモードもしくはアクセスポイントモードとして繋げばCTU(他ルータ同様)のポート開放のみで設定可能です。

この固定設定が完了出来ましたら、このルータにも同じポート番号を指定して下さい。

スポンサーリンク

WBR-G54の設定画面を表示

設定手順の説明

バッファロールータの設定画面を表示します。

http://192.168.11.1/ のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押すとログイン画面が表示されます。もしも設定画面が表示できない場合はパソコンにセットアップされているバッファローAirStation設定ツールからアクセス下さい

ユーザー名に root

パスワード 空欄(何も入力しません)

を入力しOKをクリック。

設定画面が表示されましたら、WBRG54のWAN側マックアドレスを確認し控えてください。これはCTUのDHCP払い出し設定に必要になります。

ルータメニューのアドバンスドを洗濯します。

表示されたメニューの左側管理メニューを開きます。

以下の様な項目を見る事が出来ます。その中にあるWAN項目にあるMACアドレスを控えてください。

(CTUとRT200KI、WEBCASTER100と110で二重ルータ以外の方はこの作業は必要ありません)

注!!LAN項目と間違えないで下さい。

スポンサーリンク

確認出来ましたら、そのまま左メニューにあるWAN設定メニューを開きます。

WAN設定メニューからWANポートメニューを開いて頂いて、以下の様に設定してください。

WAN側IPアドレス手動設定にチェックを入れます。

IPアドレス 192.168.24.60 (このアドレスはCTUに接続している場合です)

Aterm関連なら 192.168.0.10 NTT関連なら 192.168.1.10と固定すると良いでしょう。

サブネットマスク 255.255.255.0

画面資料はありませんが拡張設定を行ってください。

デフォルトゲートウェイ 192.168.24.1 (CTUと二重ルータの場合です)

DNS(ネーム)サーバアドレス

プライマリのみ 192.168.24.1

設定ボタンを選択して作業完了

WAN側IP固定

設定完了出来ましたら、問題なくインターネットへと接続出来るかを確認下さい。

問題なければ、まず上記で固定したCTUであれば192.168.24.60を元に、DHCP払い出し設定を行い、ポート開放設定下さい。

次に、WBR-G54 WBR-B11へポート開放(DMZでも構いません)作業を行って下さい。

設定するポート番号は同じで構いません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする