BF-01DをフレッツやYBBの無線アクセスポイントとして使う

BF-01DのDOCOMOの契約を解約し、新規にフレッツ光やADSLまたは他光回線やYBBインターネットを導入した時(ルータ必須です)、本機を無線親機として使う手順の説明です。付属のクレードルを使って少し設定変更を加えれば無線アクセスポイントとして利用可能です。

スポンサーリンク

接続イメージです

この様に繋ぐことでパソコンやDSやWiiUやスマートフォンを自宅のフレッツインターネットへ簡単にWi-Fi接続させることが可能となります。

注意事項、PPPoE機能は無いので、ルータに繋いで下さい。

クレードルの動作モード

まずクレードルの切り替えスイッチを、Internetに切り替え、隣のLANケーブル差し込み口と、用意されたブロードバンドルータに繋ぎます。

スポンサーリンク

ルータの動作モードを変更します。

ルータの設定画面開いて(BF-01D ポート開放を参照)、。プレイステーション3から設定され得る場合は(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法を参照)、Internet/LAN、Internet(有線ポート)を開きます。

接続モードを、ブリッジモード(LAN側IPアドレスをDHCPで取得)を選んで設定ボタンをクリックで作業完了です。

ブリッジモードに切り替えると、http://192.168.13.1/で設定画面を開くことができなくなります。設定画面をブリッジモード設定に切り替えてしまった場合開くには、クレードルからルータを取り外し、ユーティリティーを使ってパソコンから設定画面を開いて下さい。もしパソコンをお持ちではない場合、初期化頂く必要があります。(無線設定を最初から行う作業が後から必要になります。)

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする