WN-G54/R4 WEPキー設定

WN-G54シリーズのルータでR4で無線LANに何か問題がある場合は無線の暗号化設定をWEPへと変更することで各種無線LAN端末をWi-Fi接続させることが出来るようになります。その前にインターネットに繋がっているかをWAN側IPアドレス確認説明から参照下さい。もしもインターネット側のIPアドレス表示ない場合は元のインターネットにつながっていないことがまず問題になりますのでご回前下さい。

設定画面を表示する

WN-G54/R4ポート開放を参考にルータの設定画面を開きます。無線設定メニューを開くと以下の画面が表示されます。次の項目を設定変更して下さい。注意、以下の情報を変更すると各種パソコン他の端末は無線設定をやり直す必要があります。もしインターネットへ繋がらなくなった場合は責任を追うことが出来ないので困る方は出張サポートへご依頼下さい。

スポンサーリンク

  • チャンネル、そのままで構いません
  • モードはPC/ゲームモードで
  • モード設定、PCモード
  • SSIDはmywifi等分かりやす名前が良いです。
  • セキュリティWEP
  • キー長さは128bitしか選択できません
  • WEPキーは直接入力の26文字です、例、123456789101112131415161710を25個並べて最後に何かの文字を付け加えるなどしてわかりやすく設定した方が良いです。クラックの心配はまずありません。例0000000000000000000000000A(英文字は16進数のみ利用可能A-Fまで)

強固な暗号化キーWPA/WPA2は任天堂DSでは使えません。またAndroidタブレットで認識できない問題もあります。Androidでお困りの場合はバッファローの無線LANに買い替えが望ましいです。そちらの方が繋がりやすいですしAOSSアプリを導入すればボタン作業で接続可能です。バッファロー無線LAN

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする